巨大墓場の隅の曲り4目  (2000-09-09)
「日本囲碁規約を解釈する」の連載です。
トップに戻る  日本囲碁規約を解釈するに戻る  前へ  次へ

  【隅の曲り4目】

  ABCDEFGH  	
01○○○●┯○┯○  隅の曲り4目は無条件死であるということを良く聞きき
02┠●┼●┼○┼○  ますが、これは旧規約である「日本棋院囲碁規約」で規
03●●●●┼○○○  定されていたことであります。
04┠┼┼・┼○┼○  
05○○○○○○○○
  
しかしながら、新規約である「日本囲碁規約」にはそのような条文はありませ
ん。
日本囲碁規約によりますと第九条の1項による「対局の停止」後、第七条に基
づいて「活き石」「死に石」を確認することになっています。すなわち、隅の
曲り4目は無条件死であるとは規定されていません。

  【巨大墓場】

  ABCDEFGHJKLMNOP
01●●●●●●●●●●●●●┯○  ルール問題に詳しい方なら巨大墓場とい
02●●●●●●●●●●●●●┼○  うのをご存知かと思われますが…、
03●●●●●●●●●●●●●┼○  
04●●●●●●●●●●●●●┼○  
05●●●●●●●●●●●●●┼○  
06●●●●●●●●●●●●●┼○  
07●●●●●●●●●●●●●┼○  
08●●●●●●●●●●●●●┼○  
09●●●●●●●●●●●●●┼○  
10●●●●●●●●●●●●●┼○  
11●●●●●●●●●●●●○○○  
12●●●●●●●●●●●●○┼○  
13●●●●●●●●●●●●○○○  
14┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○  
15○○○○○○○○○○○○○○○  

黒石が大きいとそのままでは第七条の1項に基づいて、この黒石が「活き石」
と確認されることになります。
この場合は、白から黒石を打ち上げても、黒はその跡地に打ち返して活きる余
地があるからです。

他の場合はどうか。どれくらいの大きさか、どのような形状かとか、いろいろ
考えられ、それぞれ自明ではありません。そのような場合には第九条の2項に
より死活の確認を合意することになります。

  【巨大墓場の隅の曲り4目】

  ABCDEFGHJKLMNOP
01○○○●●●●●●●●●●┯○  さて、本題です。
02┠●┼●●●●●●●●●●┼○  
03●●●●●●●●●●●●●┼○  隅の曲り4目が巨大墓場になりました。
04●●●●●●●●●●●●●┼○  
05●●●●●●●●●●●●●┼○  
06●●●●●●●●●●●●●┼○  
07●●●●●●●●●●●●●┼○  
08●●●●●●●●●●●●●┼○  
09●●●●●●●●●●●●●┼○  
10●●●●●●●●●●●●●┼○  
11●●●●●●●●●●●●○○○  
12●●●●●●●●●●●●○┼○  
13●●●●●●●●●●●●○○○  
14┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼○  
15○○○○○○○○○○○○○○○  

もう、解説の必要はありませんね。巨大墓場はなんでも有りになってしまいま
す。
ちなみに、隅の白石もあるいは「活き石」なのかもしれません。理由は黒石が
打ち上げられた後、黒は跡地の大きさによっては全力で活きる必要がでてきま
すので、隅の白石を包囲して殺せる余裕があるのかどうかということになろう
かと思われますが、私ごときの棋力ではよく判りません。


最善手に近い手を打っていれば巨大墓場は出現しないし、巨大墓場は取ってし
まえばおそらく地で負けることはないであろうと考えられるのでルール問題と
しては全く気にする必要はないでしょう。

トップに戻る  日本囲碁規約を解釈するに戻る  前へ  次へ