死活確認入門(2眼にできる活き)  (2001-03-17)
「日本囲碁規約を解釈する」の連載です。
トップに戻る  日本囲碁規約を解釈するに戻る  前へ  次へ

  【1眼になる形】

「眼」は空点が1個の場合だけではありません。
空点が1個の場合の「眼」を仮に「完全眼形」と呼ぶことにします。

  ABCDEFG
01┏●┯┯●○┯  C01-D01は空点が2個並んでいます。
02●●●●●○┼  
03○○○○○○┼  
04┠┼┼・┼┼┼  

    ABCDEFG
  01┏●┯◆●○┯  黒からD01と打てば C01は完全眼形になります。
  02●●●●●○┼  
  03○○○○○○┼  
  04┠┼┼・┼┼┼  

    ABCDEFG
  01┏●○┯●○┯  白からC01と打っても
  02●●●●●○┼  
  03○○○○○○┼  
  04┠┼┼・┼┼┼  

      ABCDEFG
    01┏●┯◆●○┯  黒D01でC01が完全眼形になります。
    02●●●●●○┼  
    03○○○○○○┼  
    04┠┼┼・┼┼┼  

    ABCDEFG
  01┏●┯○●○┯  白からD01と打っても
  02●●●●●○┼  
  03○○○○○○┼  
  04┠┼┼・┼┼┼  

      ABCDEFG
    01┏●◆┯●○┯  黒C01でD01が完全眼形になります。
    02●●●●●○┼  
    03○○○○○○┼  
    04┠┼┼・┼┼┼
  
このようにいずれ完全眼形にできるものも眼となります。

  ABCDEFG
01┏●┯○●○┯  中に白石が入っていてもC01-D01は眼ということになりま
02●●●●●○┼  す。
03○○○○○○┼  
04┠┼┼・┼┼┼  

完全眼形にすることができるのは「眼」となります。
そして、完全眼形を2つ以上作れるものは2眼にして活きることができます。
さらに、相手から打たれても完全眼形を2つ以上できるなら無条件活きとい
うことになります。

  ABCDEFG
01┏●┯┯●┯○  空点が2個並んでいますが、斜めが欠けています。
02●●●●○○○  
03○○○○○┼┼  
04┠┼┼・┼┼┼  

    ABCDEFG
  01┏●┯◇●┯○  白からD01と放り込まれると C01-D01 は完全眼形にでき
  02●●●●○○○  ません。
  03○○○○○┼┼  
  04┠┼┼・┼┼┼  これを「放り込まれると欠け眼になる」といいます。

  ABCDEFGH
01┏●┯○○●┯○  黒から打つと白石が2個取れる状態になっています。
02●●●●●○○○  
03○○○○○○┼┼  
04┠┼┼・┼┼┼┼  

    ABCDEFGH
  01┏●◆┯┯●┯○  黒からC01と打っても
  02●●●●●○○○  
  03○○○○○○┼┼  
  04┠┼┼・┼┼┼┼  

      ABCDEFGH
    01┏●●┯◇●┯○  白E01と放り込まれて欠け眼になります。
    02●●●●●○○○  
    03○○○○○○┼┼  
    04┠┼┼・┼┼┼┼  

C01-D01-E01 は既に欠け眼です。

  ABCDEFGHJ
01┏●┯○○○●┯○  黒から打つと白石が3個取れる状態になっています。
02●●●●●●○○○  
03○○○○○○○┼┼  
04┠┼┼・┼┼┼┼┼  

    ABCDEFGHJ
  01┏●◆┯┯┯●┯○  黒からC1と打てば空点が3つになります。
  02●●●●●●○○○  
  03○○○○○○○┼┼  
  04┠┼┼・┼┼┼┼┼  

      ABCDEFGHJ
    01┏●●┯┯◇●┯○  白F01と放り込まれても
    02●●●●●●○○○  
    03○○○○○○○┼┼  
    04┠┼┼・┼┼┼┼┼  

        ABCDEFGHJ
      01┏●●┯◆┯●┯○  黒E01と打って、D01が完全眼形となります。
      02●●●●●●○○○  
      03○○○○○○○┼┼  
      04┠┼┼・┼┼┼┼┼  

このような場合は3つ以上取れれば眼となります。

  ABCDEFGH
01┏●○○┯┯┯○  C01-D01の白石2子を取っても放り込まれる形のよう
02●●●●○○●○  ですが
03○○○○●●┼○  
04┠┼┼○○○○○  

    ABCDEFGH
  01┏●┯┯◆┯┯○  黒E01と取ってみると、
  02●●●●○○●○  
  03○○○○●●┼○  
  04┠┼┼○○○○○  

      ABCDEFGH
    01┏●┯◇●┯┯○  白D01と放り込んでも
    02●●●●○○●○  
    03○○○○●●┼○  
    04┠┼┼○○○○○  

        ABCDEFGH
      01┏●┯○●◆┯○  黒F01と打って2眼以上になります。
      02●●●●┼┼●○  
      03○○○○●●┼○  
      04┠┼┼○○○○○  

      ABCDEFGH
    01┏●┯┯●┯┯○  白G03と打てば
    02●●●●○○●○  
    03○○○○┼┼◇○  
    04┠┼┼○○○○○  

        ABCDEFGH
      01┏●┯◆●┯┯○  黒D01と打ってC01が完全眼形となります。
      02●●●●○○●○  
      03○○○○┼┼○○  
      04┠┼┼○○○○○  

2子取る手が後手ならば、次に放り込まれて欠け眼となる訳ですが、
2子取る手が先手ならば、放り込まれて欠け眼になるような形でも眼が作れ
るということになります。
眼が作れるかどうかは手順による場合も有ります。


  【2眼になる形】

中の空点がたくさんあると、それらを2つ以上に分割することにより、完全
眼形を2つ以上作ることができます。相手から打たれても完全眼形が2つ以
上作れるなら無条件活きということになります。

  ABCDEF
01┏┯┯●○┯  空点が3つ並んでいます。
02●●●●○┼  
03○○○○○┼  
04┠┼┼・┼┼  

    ABCDEF
  01┏◆┯●○┯  黒からB01と打てばA01とC01が完全眼形になります。
  02●●●●○┼  
  03○○○○○┼  
  04┠┼┼・┼┼  

    ABCDEF
  01┏◇┯●○┯  しかし、白からB01と打たれると1眼しか作れなくな
  02●●●●○┼  ってしまいます。
  03○○○○○┼  これを「中手」といいます。
  04┠┼┼・┼┼  空点が3つの場合を3目中手といいます。

  ABCDEF
01○┯○●┯○  白からB01と打てません。これを「オシツブシ」の形とい
02●●●●┼○  います。
03○○○○○○  黒はもちろん無条件活きです。
04┠┼┼・┼┼  

  ABCDEF
01○┯○●○┯  オシツブシのように見えますが
02●●●●○┼  
03○○○○○┼  
04┠┼┼・┼┼  

    ABCDEF
  01○◇○┯○┯  この場合には白からB01と打てます。
  02┠┼┼┼○┼  こういうのを「ダメヅマリ」といいます。
  03○○○○○┼  
  04┠┼┼・┼┼  

  ABCDEF
01┏┯┯┯●○  直線で4目になると、これはこのままで無条件活きとな
02●●●●●○  ります。
03○○○○○○  白から中手にすることができません。
04┠┼┼・┼┼  

    ABCDEF
  01┏◇┯┯●○  白B01と打っても
  02●●●●●○  
  03○○○○○○  
  04┠┼┼・┼┼  

      ABCDEF
    01┏○◆┯●○  黒C01と打って2眼になります。
    02●●●●●○  
    03○○○○○○  
    04┠┼┼・┼┼  

  FGHJKLMNOP
01○┯┯┯┯┯┯┯┯○  辺2線で8つ並びました。
02○●●●●●●●●○  これは白が外からダメを詰めても直線4目にな
03○○○○○○○○○○  り、このままで無条件活きです。
04┼┼┼┼・┼┼┼┼┼  

    FGHJKLMNOP
  01○○●┯┯┯┯●○○  
  02○●●●●●●●●○  
  03○○○○○○○○○○  
  04┼┼┼┼・┼┼┼┼┼  

  FGHJKLMNO
01○┯┯┯┯┯┯┯○  7つではどうか?
02○●●●●●●●○  黒からG01,K01,N01のどれかを打てば完全眼形を2
03○○○○○○○○○  つ作れる形になります。
04┼┼┼┼・┼┼┼┼  

    FGHJKLMNO
  01○●┯┯┯┯◆○○  黒から先に打てば2眼になります。
  02○●●●●●●●○  
  03○○○○○○○○○  
  04┼┼┼┼・┼┼┼┼  

    FGHJKLMNO
  01○○●┯◇┯●○○  白から先に打てば1眼になります。
  02○●●●●●●●○  
  03○○○○○○○○○  
  04┼┼┼┼・┼┼┼┼  

  FGHJKLMN
01○┯┯┯┯┯┯○  6つでは?
02○●●●●●●○  黒から打っても3目の形にしかできません。そのとき
03○○○○○○○○  白番なので中手にされてしまいます。
04┼┼┼┼・┼┼┼  既に1眼しかありません。

この3つを辺の六死八活(ろくしはっかつ)といいます。


  【欠け眼活き】

  ABCDEFGH
01┏●●●●●●○  A01もF05も欠け眼のようにみえます。
02●○○○○○●○  しかし、その着手禁止点に隣接する石を白から取るこ
03●○┼○┼○●○  とができません。
04●○○○○●●○  眼と呼ぶか欠け眼と呼ぶかは「眼」の定義次第です。
05●┼┼┼●┼●○  
06┠●●●●●○○  これはこのままで無条件活きとなります。
07○○○○○○○┼  

日本囲碁規約では対局停止後、右上の石、左の石、下の石の3つについて死
活確認をすることになります。

  右上の黒石
白からA01にもF05にも打てません。白B05に打っても黒A06と繋いで、後、
白C05、白D05と連打してもA01にもF05に打つことはできません。

  ABCDEFGH
01┏●●●●●●○  従って、右上の黒石は「活き石」
02●○○○○○●○  同様に、元の図の左の黒石も下の黒石も「活き石」
03●○┼○┼○●○  
04●○○○○●●○  従って、黒石はすべて「活き石」であることが確認
05●○○○●┼●○  されることになります。
06●●●●●●○○  
07○○○○○○○┼  

トップに戻る  日本囲碁規約を解釈するに戻る  前へ  次へ