死活確認入門(分割できない形)  (2001-03-19)
「日本囲碁規約を解釈する」の連載です。
トップに戻る  日本囲碁規約を解釈するに戻る  前へ  次へ

空点が分割ができないような形があります。


  【正方形4目】

┼┼┼┼┼┼┼  
┼●●●●┼┼  これは空点を分割できません。
┼●┼┼●┼┼  
┼●┼・●┼┼  
┼●●●●┼┼  
┼┼┼┼┼┼┼  

  ┼┼┼┼┼┼┼  
  ┼●●●●┼┼  黒がどこに打っても白から3目中手の形にできます。
  ┼●┼●●┼┼
  ┼●◇・●┼┼  
  ┼●●●●┼┼  
  ┼┼┼┼┼┼┼  


  【相手の石が邪魔して分割できない形】

┼┼┼┼┼┼┼  ┼┼┼┼┼┼┼  ┼┼┼┼┼┼┼  
┼┼●●●┼┼  ┼┼●●●┼┼  ┼┼●●●┼┼  
┼●●┼●┼┼  ┼●●┼●┼┼  ┼●●┼●●┼  
┼●┼○●┼┼  ┼●┼○●┼┼  ┼●┼○┼●┼  
┼●●●●┼┼  ┼●●┼●┼┼  ┼●●┼●●┼  
┼┼┼┼┼┼┼  ┼┼●●●┼┼  ┼┼●●●┼┼  
┼┼┼┼┼┼┼  ┼┼┼┼┼┼┼  ┼┼┼┼┼┼┼  

空点が中の相手の石の隣接点だけの場合は相手の石を取る以外に空点を分
割できませんが、相手の石が1石の場合は取っても分割できませんね。

┼┼┼┼┼┼┼  ┼┼┼┼┼┼┼  ┼┼┼┼┼┼┼  
┼┼●●●┼┼  ┼┼●●●┼┼  ┼┼●●●┼┼  
┼●●○●┼┼  ┼●●○●┼┼  ┼●●┼●●┼  
┼●┼○●┼┼  ┼●┼○●┼┼  ┼●┼○┼●┼  
┼●●●●┼┼  ┼●●┼●┼┼  ┼●●○●●┼  
┼┼┼┼┼┼┼  ┼┼●●●┼┼  ┼┼●●●┼┼  
┼┼┼┼┼┼┼  ┼┼┼┼┼┼┼  ┼┼┼┼┼┼┼  

┼┼●●●┼┼  ┼┼┼┼┼┼┼  ┼┼●●●┼┼  
┼┼●┼●┼┼  ┼●●●●┼┼  ┼●●┼●●┼  
┼┼●○●┼┼  ┼●┼○●┼┼  ┼●┼○┼●┼  
┼┼●○●┼┼  ┼●●○●┼┼  ┼●●○●●┼  
┼┼●┼●┼┼  ┼┼●┼●┼┼  ┼┼●┼●┼┼  
┼┼●●●┼┼  ┼┼●●●┼┼  ┼┼●●●┼┼  
┼┼┼┼┼┼┼  ┼┼┼┼┼┼┼  ┼┼┼┼┼┼┼

2石の場合も分割できません。

┼┼┼┼┼┼┼  
┼┼●●●┼┼  3石の場合は、
┼●●○●●┼  
┼●┼○●●┼  
┼●●○●●┼  
┼┼●●●┼┼  
┼┼┼┼┼┼┼

  ┼┼┼┼┼┼┼  
  ┼┼●●●┼┼  取ると
  ┼●●┼●●┼  
  ┼●◆┼●●┼  
  ┼●●┼●●┼  
  ┼┼●●●┼┼  
  ┼┼┼┼┼┼┼

    ┼┼┼┼┼┼┼  
    ┼┼●●●┼┼  次は白番なので3目中手の形にされてしまいます。
    ┼●●┼●●┼  
    ┼●●◇●●┼  
    ┼●●┼●●┼  
    ┼┼●●●┼┼  
    ┼┼┼┼┼┼┼
  
このように取れても跡地に相手の番で打たれてしまいますから、取った跡
地の形に相手の石1個おいた形が分割できない形になる場合がありますと
元々の形は分割できない形ということになります。

┼┼┼┼┼┼┼  
┼●●●●┼┼  これはどうでしょうか?
┼●┼┼●┼┼  
┼●┼○●┼┼  
┼●●┼●┼┼  
┼┼●●●┼┼  
┼┼┼┼┼┼┼  

  ┼┼┼┼┼┼┼  
  ┼●●●●┼┼  黒から分割を試みようとしても
  ┼●┼┼●┼┼  
  ┼●◆○●┼┼  
  ┼●●┼●┼┼  
  ┼┼●●●┼┼  
  ┼┼┼┼┼┼┼ 

    ┼┼┼┼┼┼┼  
    ┼●●●●┼┼  分割できない形にされてしまいます。
    ┼●┼◇●┼┼  
    ┼●●○●┼┼  
    ┼●●┼●┼┼  
    ┼┼●●●┼┼  
    ┼┼┼┼┼┼┼ 
 
  ┼┼┼┼┼┼┼  
  ┼●●●●┼┼  一方、白からは石を増やして
  ┼●┼┼●┼┼  
  ┼●◇○●┼┼  
  ┼●●┼●┼┼  
  ┼┼●●●┼┼  これは取られても分割できない形
  ┼┼┼┼┼┼┼  
 
    ┼┼┼┼┼┼┼  
    ┼●●●●┼┼  
    ┼●┼◇●┼┼  
    ┼●○○●┼┼  
    ┼●●┼●┼┼  
    ┼┼●●●┼┼  これも取られても分割できない形
    ┼┼┼┼┼┼┼  
 
      ┼┼┼┼┼┼┼  
      ┼●●●●┼┼  取られても分割できない形のままダメ1まで詰め
      ┼●◇○●┼┼  ていくことができます。
      ┼●○○●┼┼  
      ┼●●┼●┼┼  
      ┼┼●●●┼┼  
      ┼┼┼┼┼┼┼  

○○○○○○┼  
○●●●●○┼  黒石が死んでしまう場合「5目中手」といいます。
○●○○●○┼  
○●○○●○┼  
○●●┼●○┼  
○┼●●●○┼  
○○○○○○┼

このように分割できない形のまま相手から打てなくなるまで打てる形を中
手の形と覚えておいて良いでしょう。
分割できない形のうち、中手の形は1眼以下になります。

○┼○┼┼┼  
○●○●●┼  ただし、取った跡に中手にする手は後手になりますので、
●○●○●┼  
●○┼○●┼  
●●●○●┼  
┼┼●●●┼  
┼┼┼┼┼┼

  ○┼○┼┼┼  
  ○●○●●┼  取ったとき、同時に別に半眼できる場合は、無条件活き
  ●┼●┼●┼  となります。
  ●┼◆┼●┼  
  ●●●┼●┼  
  ┼┼●●●┼  
  ┼┼┼┼┼┼

  ○◇○┼┼┼  
  ○┼○●●┼  白から打たれるとここだけでは2眼になりません。
  ●○●○●┼  
  ●○┼○●┼  
  ●●●○●┼  
  ┼┼●●●┼  
  ┼┼┼┼┼┼

┼┼┼┼┼┼┼  
┼●●●●┼┼  これは5目中手の形に似ていますが、
┼●○┼●┼┼  
┼●┼○●┼┼  
┼●●○●┼┼  ダメヅマリでも白から取る手段がありません。
┼┼●●●┼┼  
┼┼┼┼┼┼┼  これはそのまま無条件活きです。

  ┼┼┼┼┼┼┼  
  ┼●●●●┼┼  ダメヅマリでなければ
  ┼●○┼●┼┼  黒から打つと、次に白は打てません。
  ┼●◆○●┼┼  
  ┼●●○●┼┼  
  ┼┼●●●┼┼  
  ┼┼┼┼┼┼┼  

    ┼┼┼┼┼┼┼  
    ┼●●●●┼┼  黒が白石を取って空点を分割することができます。
    ┼●┼◆●┼┼  
    ┼●●┼●┼┼  
    ┼●●┼●┼┼  
    ┼┼●●●┼┼  
    ┼┼┼┼┼┼┼ 
 
  ┼┼┼┼┼┼┼  
  ┼●●●●┼┼  白から打つと
  ┼●○┼●┼┼  
  ┼●◇○●┼┼  
  ┼●●○●┼┼  
  ┼┼●●●┼┼  
  ┼┼┼┼┼┼┼  
 
    ┼┼┼┼┼┼┼  
    ┼●●●●┼┼  黒から取られ、中手にすることはできません。
    ┼●┼◆●┼┼  
    ┼●┼┼●┼┼  
    ┼●●┼●┼┼  
    ┼┼●●●┼┼  
    ┼┼┼┼┼┼┼
  
  ○○○○○○┼  
  ○●●●●○┼  ダメヅマリの場合は、黒は空点を分割できなくなっ
  ○●○┼●○┼  てしまいますが、
  ○●┼○●○┼  白から取る手段がありません。
  ○●●○●○┼  
  ○○●●●○┼  
  ┼○○○○○┼  これらはそのまま無条件活きです。

┼┼┼┼┼┼┼  
┼●●●●┼┼  これも分割できない形です。
┼●┼┼●●┼  
┼●┼○┼●┼  黒石が死んでしまう場合「花六」といいます。
┼●●┼●●┼  
┼┼●●●┼┼  
┼┼┼┼┼┼┼  


  【中手の形のダメヅマリ】

○○○○○○┼  
○●●●●○○  白から分割できない形のまま石を増やしてアタリにする
○●○○●●○  ことができるなら、黒はその石を取れますが
○●○○○●○  
○●●┼●●○  
○○●●●○○  
┼○○○○○┼  

  ○○○○○○┼  
  ○●●●●○○  跡地に白から打つことによって分割できないままにで
  ○●┼┼●●○  きます。
  ○●┼◇┼●○  
  ○●●●●●○  
  ○○●●●○○  
  ┼○○○○○┼  

    ○○○○○○┼  
    ○●●●●○○  そして、白はまた石を増やして…
    ○●┼○●●○  
    ○●◇○○●○  
    ○●●●●●○  
    ○○●●●○○  
    ┼○○○○○┼  

      ○○○○○○┼  
      ○●●●●○○  結局は3目中手の形に至ることになります。
      ○●●●●●○  
      ○●┼◇┼●○  
      ○●●●●●○  
      ○○●●●○○  
      ┼○○○○○┼  

○○○○○○○○○  この場合の黒石の死活確認をしてみますと
○┼●●●●┼┼○  
○┼●┼┼●●┼○  この形は中手の形でした。
○┼●┼○┼●┼○  白は外からダメを詰めてダメヅマリにすると分割で
○○●●┼●●○○  きない形のダメヅマリとなって、最後には黒石は打
○┼○●●●○┼○  ち上げることができます。
○○○○○○○○○  よって、黒石は「死に石」と確認されます。

ちなみに中の白石は黒から取られることがありますが、取られた跡地に打
ち返すことを繰り返せば、最後には生き残るので、第七条の1項に基づき、
「活き石」と確認されることになります。

  ○○○○○○○○○  
  ○○┼┼┼┼○○○  真ん中の◇1子は黒から取られません。
  ○○┼┼┼┼┼○○  
  ○○┼┼◇┼┼○○  新たに取られない石が生じたことになりま
  ○○┼┼┼┼┼○○  す。
  ○┼○┼┼┼○┼○  
  ○○○○○○○○○  

このままで黒石は「死に石」、白石は「活き石」と確認されるわけです。


  【広くても中手の形】

○●┯○○┯●○┯○  これは広くて中手の形になりません。
○●┼○○●●○○○  
○●●●●●○○┼○  
○○○○○○○○○○  

  ○●┯○┯●●○┯○  白は取られた跡地のどこに打っても黒は分割
  ○●┼◆┼●●○○○  することができます。
  ○●●●●●○○┼○  
  ○○○○○○○○○○  

○●┯○○┯●○┯○  キズがありますと、少々広くても中手の形と
○●┼○○●●○○○  同じになることがあります。
○○●●●●○○┼○  
○○○○○○○○○○  

  ○●┯○○┯●○┯○  白から打たれるとそのまま取られます。
  ○●◇○○●●○○○  
  ○○●●●●○○┼○  
  ○○○○○○○○○○  

  ○●┯○○┯●○┯○  黒からキズを繋ぐと
  ○●◆○○●●○○○  これは5目中手の形になります。
  ○○●●●●○○┼○  
  ○○○○○○○○○○  従って、元々の形は「死に石」だったのです。

┏○○┯●○┯○  辺や隅では眼が絡む形がよく出現します。これも少
┠○○●●○○○  々広くても中手の形と同じになることがあります。
●●●●○○┼○  
○○○○○○○○
  
  ┏○○┯●○┯○  白から打たれるとそのまま取られます。
  ◇○○●●○○○  
  ●●●●○○┼○  
  ○○○○○○○○  
  
  ┏○○┯●○┯○  黒から打っても取られます。
  ◆○○●●○○○  
  ●●●●○○┼○  これも、元々の形は5目中手と同じことだったの
  ○○○○○○○○  です。

トップに戻る  日本囲碁規約を解釈するに戻る  前へ  次へ