死活確認入門(分割できない形の活き)  (2001-03-21)
「日本囲碁規約を解釈する」の連載です。
トップに戻る  日本囲碁規約を解釈するに戻る  前へ  次へ

空点が分割ができなくても活きている形があります。

  【分割できない形の活き】

  FGHJKLMNO  
08○○○○○○○○○  中の白石は3目ですから、
09○●●●●●●●○  
10○●┼○○○┼●○  
11○●●●●●●●○  
12○┼┼┼┼┼┼┼○  
13○○○○○○○○○  

    FGHJKLMNO  
  08○○○○○○○○○  黒から取っても3目中手にされ空点を分割でき
  09○●●●●●●●○  ません。
  10○●●┼◇┼●●○  
  11○●●●●●●●○  
  12○┼┼┼┼┼┼┼○  
  13○○○○○○○○○  

    FGHJKLMNO  
  08○○○○○○○○○  しかし、白からはH10やM10へ打つと
  09○●●●●●●●○  
  10○●◇○○○┼●○  中手の形でなくなります。
  11○●●●●●●●○  
  12○○○○○○○○○  
  13○○○○○○○○○  

      FGHJKLMNO  
    08○○○○○○○○○  取られて分割できる形になりました。
    09○●●●●●●●○  
    10○●┼┼┼┼◆●○  
    11○●●●●●●●○  
    12○○○○○○○○○  
    13○○○○○○○○○  

このように取りにいった方が取られてしまう形などを「セキ」といいます。
日本囲碁規約上の定義は第八条のとおりです。

この場合の黒石の死活確認をしてみますと、
黒を打ち上げるためには白から黒石をアタリにしなければなりません。
それには白はH10かM10のどちらかを打つことになりますが、その白石を黒
が取ると直線4目になり活きてしまいます。つまり黒石は「活き石」と確
認されます。

外の白石が取られなければ中の白石3目はどうか?
黒から中の白石3目を取りに来られても3目中手にすることができます。
最後には中手にした白石は取られなくなります。ゆえに、第七条の1項に
基づき、この場合の白石は「活き石」と確認されます。

外の白石が取られれば中の白石3目は黒から取りに来れます。そして、そ
の跡地には白石が存在できなくなりますので、白石は「死に石」となりま
す。
このように「セキ」のように見えて外の石が取られたりして「セキ」でな
くなるのを「セキ崩れ」といいます。


  【取って分割できる形】

  FGHJKLMNOP  
08○○○○○○○○○○  ダメヅマリでなければ
09○●●●●●●●●○  
10○●┼○○○○┼●○  
11○●●●●●●●●○  
12○┼┼┼┼┼┼┼┼○  
13○○○○○○○○○○  

    FGHJKLMNOP  
  08○○○○○○○○○○  中の白石を取って分割できる形になります。
  09○●●●●●●●●○  
  10○●●┼┼┼┼◆●○  
  11○●●●●●●●●○  黒石は「活き石」となります。
  12○○○┼┼┼┼┼┼○  
  13○○○○○○○○○○  この場合は白石は「死に石」となります。

  FGHJKLMNOP  
08○○○○○○○○○○  
09○●●●●●●●●○  ダメヅマリになっていれば中の白石は取れませ
10○●┼○○○○┼●○  んが、黒石は取られないので「活き石」です。
11○●●●●●●●●○  
12○○○○○○○○○○  この場合の白石は「活き石」になります。
13○┼○┼○┼┼┼┼┼  
14○○○○○┼┼┼┼┼  


  【分割できない不思議な形】

  FGHJKLM  
07○○○○○○○  中手の形をしていませんが、ダメヅマリならば…
08○●●●●●○  
09○●○┼○●○  黒は白石を取ることができません。
10○●○┼○●○  この場合は黒石も白石も「活き石」です。
11○●●●●●○  
12○○○○○○○  ダメヅマリでなければ白石は「死に石」となります。
13○┼○┼○┼┼  
14○○○○○┼┼  

  FGHJKLM  
07○○○○○○○  これも同じパターンですね。
08○●●●●●○  
09○●○┼○●○  
10○●○●○●○  
11○●○┼○●○  
12○●●●●●○  
13○○○○○○○  

  FGHJKLM  
07○○○○○○○  ダメヅマリでダメ2の場合は良くあることかもしれま
08○●●●●●○  せん。
09○●○┼○●○  
10○●○●○●○  これら以外にも、思わぬ形がたくさんあります。
11○●○●○●○  しかし、死活確認をすることで解決できることでしょ
12○●○┼○●○  う。
13○●●●●●○  
14○○○○○○○  


  【中の石に眼がある形】

  EFGHJKLMN  
06○○○○○○○○○  中の石に眼がある場合は包囲しているのか包囲さ
07○┼●●●●●┼○  れているのか判らなくなります。
08○●●┼┼┼●●○  
09○●┼○○○┼●○  このような場合は周囲の状況次第となります。
10○●┼○┼○┼●○  
11○●┼○○○┼●○  
12○●●┼┼┼●●○  
13○┼●●●●●┼○  
14○○○○○○○○○  

  GHJKLMN  
05┼○○○○○┼  中の石が欠け眼のような形をしていますが、
06┼○●●●○○  
07○○●○●●○  この場合、黒石は「活き石」となります。
08○●●○┼●○  
09○●○┼○●○  白石は外の白石が取られることがなければ「活き石」
10○●┼○●●○  となります。取られてしまうことになると「死に石」
11○●●●●○○  となります。
12○○○○○○┼  

    GHJKLMN  
  05┼○○○○○┼  
  06┼○●●●○○  白がダメを詰めてきても
  07○○●○●●○  
  08○●●○◇●○  
  09○●○┼○●○  
  10○●┼○●●○  
  11○●●●●○○  
  12○○○○○○┼  

      GHJKLMN  
    05┼○○○○○┼  
    06┼○●●●○○  黒は逆に白石を取って分割できる形にできます。
    07○○●┼●●○  
    08○●●┼┼●○  
    09○●○◆┼●○  
    10○●┼○●●○  
    11○●●●●○○  
    12○○○○○○┼  

    GHJKLMN  
  05┼○○○○○┼  
  06┼○●●●○○  この場合、黒がダメを詰めてきても
  07○○●○●●○  
  08○●●○◆●○  
  09○●○┼○●○  
  10○●┼○●●○  
  11○●●●●○○  
  12○○○○○○┼  

      GHJKLMN  
    05┼○○○○○┼  
    06┼○┼┼┼○○  白は逆に黒を取れます。
    07○○┼○┼┼○  
    08○┼┼○┼┼○  
    09○┼○┼○┼○  
    10○┼◇○┼┼○  
    11○┼┼┼┼○○  
    12○○○○○○┼  

  FGHJKLMNOPQ
07┼┼○○○○○○○┼┼  これは何でしょう.その1
08○○○●●●●●○○○  
09○●●●○○┼●○┼○  
10○●┼●○┼○●○○○  
11○●●●○○○●○┼○  
12○○○●●●●●○○○  
13┼┼○○○○○○○┼┼  

  DEFGHJKLMNOPQ
07○○○○○○○○○○○┼┼  これは何でしょう.その2
08○●●●●●●●●●○○○  
09○●○○○●○○┼●○┼○  
10○●○┼○●○┼○●○○○  
11○●┼○○●○○○●○┼○  
12○●●●●●●●●●○○○  
13○○○○○○○○○○○┼┼  

  DEFGHJKLMNOPQ
01○●○┯○●○┯○●○┯○  これは何でしょう.その3
02○●┼○○●○○┼●○○○  
03○●●●●●●●●●○┼○  
04○○○○○○○○○○○○○  


  【キズありの形】

┼○○○○○○┼┼┼  
┼○┼┼┼┼○○○○  キズがあるためセキになりません。
○○●●●●○○┼○  
○●┼○○○●○○○  
○●●┼●●●○┼○  
○○●●●○○○○○  
┼○○○○○┼┼┼┼  

  ┼○○○○○○┼┼┼  
  ┼○◇○○○○○○○  白が外のダメを詰めてくると
  ○○●●●●○○┼○  
  ○●┼○○○●○○○  黒石4子がアタリになります
  ○●●┼●●●○┼○  
  ○○●●●○○○○○  
  ┼○○○○○┼┼┼┼  

  ┼○○○○○○┼┼┼  
  ┼○┼┼┼┼○○○○  黒がキズを繋ぐと、これは4目中手の形になり
  ○○●●●●○○┼○  ます。
  ○●◆○○○●○○○  
  ○●●┼●●●○┼○  
  ○○●●●○○○○○  
  ┼○○○○○┼┼┼┼  

┼○○○○○○○○○  キズがあっても、白から打たれても取れば分割で
○○●●●●●○┼○  きる形のためセキです。
○●┼○○○●○○○  
○●●┼●●●○┼○  
○○○●●○○○○○  
┼┼○○○○┼┼┼┼  

  ┼○○○○○○○○○  
  ○○●●●●●○┼○  白から打つと
  ○●◇○○○●○○○  
  ○●●┼●●●○┼○  
  ○○○●●○○○○○  
  ┼┼○○○○┼┼┼┼  

    ┼○○○○○○○○○  
    ○○●●●●●○┼○  直線4目で分割できる形になります。
    ○●┼┼┼┼●○○○  
    ○●●◆●●●○┼○  
    ○○○●●○○○○○  中央では斜めが1個欠けていても完全眼形に
    ┼┼○○○○┼┼┼┼  なります。

  ┼○○○○○○○○○  
  ○○●●●●●○┼○  白からこちらを打つと
  ○●┼○○○●○○○  
  ○●●◇●●●○┼○  
  ○○○●●○○○○○  
  ┼┼○○○○┼┼┼┼  

    ┼○○○○○○○○○  
    ○○●●●●●○┼○  (隅ではない)曲り4目で分割できる形にな
    ○●◆┼┼┼●○○○  ります。
    ○●●┼●●●○┼○  
    ○○○●●○○○○○  中央では斜めが1個欠けていても完全眼形に
    ┼┼○○○○┼┼┼┼  なります。

トップに戻る  日本囲碁規約を解釈するに戻る  前へ  次へ