死活確認入門(ア・ラ・カルト)  (2001-03-24)
「日本囲碁規約を解釈する」の連載です。
トップに戻る  日本囲碁規約を解釈するに戻る  前へ  次へ

  【死活確認における劫の扱い】

死活確認では劫のルールが対局中とは異なります。どうしてこんなことに
なっているのでしょうか?
古来より、ルールの解釈を巡って様々なトラブルが発生しました。それら
を時の有力者の裁定に委ねてきました(多分)。それらを集大成したもの
が日本棋院規約だったのです。しかし、その規約に対する批判も少なくな
く、日本囲碁規約に至ることになりました。


対局中の劫は他を打つか着手放棄をした後で相手が他を打った後ならば劫
の点に打つことができます。

  ABCDEFGHJK  
01●┯●○●○┯┯○●  対局中では
02○●●○●○┼○○●  
03┠●○○●○┼○●●  
04●●○・●○○○●┼  
05○○○┼●●●●●┼  

    ABCDEFGHJK  
  01┏◇●○●○┯┯○●  白B01と打つと黒はA01と取り返せません。
  02○●●○●○┼○○●  
  03┠●○○●○┼○●●  
  04●●○・●○○○●┼  
  05○○○┼●●●●●┼  

      ABCDEFGHJK  
    01┏○●○●○◆┯○●  黒G01と打った後
    02○●●○●○┼○○●  
    03┠●○○●○┼○●●  
    04●●○・●○○○●┼  
    05○○○┼●●●●●┼  

        ABCDEFGHJK  
      01┏○●○●○●┯○●  白がG02に打つと、
      02○●●○●○◇○○●  
      03┠●○○●○┼○●●  
      04●●○・●○○○●┼  
      05○○○┼●●●●●┼  

          ABCDEFGHJK  
        01◆┯●○●○●┯○●  黒はA01と取り返せます。
        02○●●○●○○○○●  
        03┠●○○●○┼○●●  
        04●●○・●○○○●┼  
        05○○○┼●●●●●┼  

「対局の停止」後の死活確認での劫のルールは異なります。
死活確認における劫の扱いについては第七条の2項にあるとおりです。

  ABCDEFGHJK  
01┏◇●○●○┯┯○●  死活確認では、白B01と打つと、黒はA01の点を
02○●●○●○┼○○●  指定してパスをした後か、A01の点が劫の形で
03┠●○○●○┼○●●  なくなるまでA01の点には打てないのです。
04●●○・●○○○●┼  
05○○○┼●●●●●┼  

    ABCDEFGHJK  
  01┏○●○●○┯┯○●  黒はA01の点を指定してパスをすると、
  02○●●○●○┼○○●  
  03┠●○○●○┼○●●  
  04●●○・●○○○●┼  
  05○○○┼●●●●●┼  

      ABCDEFGHJK  
    01┏○┯○●○┯┯○●  白A03と打たれて左の黒石は取られます。
    02○┼┼○●○┼○○●  
    03◇┼○○●○┼○●●  
    04┠┼○・●○○○●┼  
    05○○○┼●●●●●┼  

    ABCDEFGHJK  
  01┏○●○●○◆┯○●  黒はG01と打っても
  02○●●○●○┼○○●  
  03┠●○○●○┼○●●  
  04●●○・●○○○●┼  
  05○○○┼●●●●●┼  

      ABCDEFGHJK  
    01┏○●○●○●┯○●  白はG02と打ちます。
    02○●●○●○◇○○●  黒はA01の点に打てないままです。
    03┠●○○●○┼○●●  
    04●●○・●○○○●┼  関係のない場所に劫材を求めることもで
    05○○○┼●●●●●┼  きないということなのです。

以上のように、対局停止後での死活確認では左の黒石は「死に石」と確
認されることになります。  

  ABCD  
01●┯●○  なお、A02の白石は
02○●●○   
03┠●○○  
04●●○・  
05○○○┼

    ABCD  
  01●┯●○  黒からA03と取られるので「死に石」となります。
  02┠●●○   
  03◆●○○  
  04●●○・  
  05○○○┼

白石も黒石も「死に石」と確認されましたが、後は「地」を巡っての話
題となりますのでここではこれまで。


  【攻め合いとセキ】

  EFGHJKLMN  
01○┯○●┯○●┯●  真ん中の黒石と白石が互いに包囲しています。
02○○○●┼○●●●  このようなものを「攻め合い」といいます。
03○┼○●●○●┼●  
04○○○○○●●●●  

    EFGHJKLMN  
  01○┯○●┯○●┯●  黒から打つと
  02○○○●◆○●●●  
  03○┼○●●○●┼●  
  04○○○○○●●●●  

      EFGHJKLMN  
    01○┯○┯◇○●┯●  逆に取られ、白石を取ることができません。
    02○○○┼┼○●●●  
    03○┼○┼┼○●┼●  
    04○○○○○●●●●  

    EFGHJKLMN  
  01○┯○●┯○●┯●  白から打つと
  02○○○●◇○●●●  
  03○┼○●●○●┼●  
  04○○○○○●●●●  

      EFGHJKLMN  
    01○┯○●◆┯●┯●  逆に取られ、黒石を取ることができません。
    02○○○●┼┼●●●  
    03○┼○●●┼●┼●  
    04○○○○○●●●●  

この場合はどちらも取られないのでセキとなります。
どちらも「活き石」となります。

  EFGHJKLMNOP  
01○┯○●┯○┯●○┯○  一見セキのように見えますが、
02○○○●┼○┼●○○○  
03○┼○●●○●●○┼○  
04○○○○○●○○○○○  
05┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼  

    EFGHJKLMNOP  
  01○┯○●┯○┯●○┯○  黒から打つと
  02○○○●◆○┼●○○○  
  03○┼○●●○●●○┼○  
  04○○○○○●○○○○○  
  05┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼  

      EFGHJKLMNOP  
    01○┯○┯◇○┯●○┯○  逆に取られ、白石を取ることができ
    02○○○┼┼○┼●○○○  ません。
    03○┼○┼┼○●●○┼○  
    04○○○○○●○○○○○  
    05┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼  

    EFGHJKLMNOP  
  01○┯○●┯○┯●○┯○  一方、白から打つと
  02○○○●◇○┼●○○○  
  03○┼○●●○●●○┼○  
  04○○○○○●○○○○○  
  05┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼  

      EFGHJKLMNOP  
    01○┯○┯◇○┯●○┯○  黒に打つ手がなく、次に白から取ら
    02○○○┼○○┼●○○○  れます。
    03○┼○┼┼○●●○┼○  
    04○○○○○●○○○○○  
    05┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼  

このようにどちらからも打てない形を「押す手なし」といいます。
黒「死に石」白「活き石」です。

  EFGHJKLMNOPQ  
01○┯○┯●┯○○○●┯●  黒から打っても白石は取れません。
02○○○┼●┼○┼○●●●  白側に1眼あります。
03○┼○┼●┼○○○●┼●  
04○○○○●●○●●●●●  
05┼┼┼○○○●●┼┼┼┼  

    EFGHJKLMNOPQ  
  01○┯○┯●┯○○○●┯●  
  02○○○┼●┼○┼○●●●  
  03○┼○┼●◆○○○●┼●  
  04○○○○●●○●●●●●  
  05┼┼┼○○○●●┼┼┼┼  

      EFGHJKLMNOPQ  
    01○┯○┯●┯○○○●┯●  
    02○○○┼●┼○┼○●●●  
    03○┼○◇●●○○○●┼●  
    04○○○○●●○●●●●●  
    05┼┼┼○○○●●┼┼┼┼  

        EFGHJKLMNOPQ  
      01○┯○┯●┯○○○●┯●  
      02○○○┼●◆○┼○●●●  
      03○┼○○●●○○○●┼●  
      04○○○○●●○●●●●●  
      05┼┼┼○○○●●┼┼┼┼  

          EFGHJKLMNOPQ  
        01○┯○┯●┯○○○●┯●  
        02○○○◇●●○┼○●●●  
        03○┼○○●●○○○●┼●  
        04○○○○●●○●●●●●  
        05┼┼┼○○○●●┼┼┼┼  

            EFGHJKLMNOPQ  
          01○┯○┯●◆○○○●┯●  
          02○○○○●●○┼○●●●  
          03○┼○○●●○○○●┼●  
          04○○○○●●○●●●●●  
          05┼┼┼○○○●●┼┼┼┼  

              EFGHJKLMNOPQ  
            01○┯○◇┯┯○○○●┯●  
            02○○○○┼┼○┼○●●●  
            03○┼○○┼┼○○○●┼●  
            04○○○○┼┼○●●●●●  
            05┼┼┼○○○●●┼┼┼┼  

このような場合、「眼あり眼なし」で白攻め合い勝ちといいます。
黒「死に石」白「活き石」です。

  GHJKLMNOPQ  
01○┯●┯○○○●┯●  「眼あり眼なし」のようですが、
02○┼●┼○┼○●●●  
03○┼●●○○○●┼●  
04○○┼●○●●●●●  
05┼○○○●●┼┼┼┼  

    GHJKLMNOPQ  
  01○┯●┯○○○●┯●  白から打たれても
  02○┼●┼○┼○●●●  
  03○┼●●○○○●┼●  
  04○○◇●○●●●●●  
  05┼○○○●●┼┼┼┼  

      GHJKLMNOPQ  
    01○┯●┯○○○●┯●  
    02○┼●◆○┼○●●●  
    03○┼●●○○○●┼●  
    04○○○●○●●●●●  
    05┼○○○●●┼┼┼┼  

        GHJKLMNOPQ  
      01○┯●┯○○○●┯●  
      02○┼●●○┼○●●●  
      03○◇●●○○○●┼●  
      04○○○●○●●●●●  
      05┼○○○●●┼┼┼┼  

          GHJKLMNOPQ  
        01○┯●◆○○○●┯●  
        02○┼●●○┼○●●●  
        03○○●●○○○●┼●  
        04○○○●○●●●●●  
        05┼○○○●●┼┼┼┼  

            GHJKLMNOPQ  
          01○┯●●○○○●┯●  
          02○◇●●○┼○●●●  
          03○○●●○○○●┼●  
          04○○○●○●●●●●  
          05┼○○○●●┼┼┼┼  

              GHJKLMNOPQ  
            01○┯●●┯┯┯●┯●  黒石は取られません。
            02○○●●┼◆┼●●●  
            03○○●●┼┼┼●┼●  
            04○○○●┼●●●●●  
            05┼○○○●●┼┼┼┼  

黒攻め合い勝ちです。
攻め合いは手数で決まります。

  EFGHJKLMN  
01○┯○●┯●┯●○  眼の定義次第ですが…
02○○○●●○○●○  
03○┼○●○┼○●○  「眼あり眼なしのセキ」(^^;
04○○○●○○○●○  
05┼┼○●●●●●○  
06┼┼○○○○○○○  


  【変則のセキ石】

  ABCDEF  
01┏○●┯●○  ここで死活確認をしてみますと、
02○┼●┼●○  
03●●●●○○  
04○○○○○┼  
05┠○┼○┼┼  
06○○○○┼┼  

    ABCDEF  
  01┏○●┯●○  黒からB02と隅の白石を取りにいくと
  02○◆●┼●○  
  03●●●●○○  
  04○○○○○┼  
  05┠○┼○┼┼  
  06○○○○┼┼  

      ABCDEF  
    01┏○●┯●○  白はD02と放り込み
    02○●●◇●○  
    03●●●●○○  
    04○○○○○┼  
    05┠○┼○┼┼  
    06○○○○┼┼  

        ABCDEF  
      01◆┯●┯●○  黒がA01と隅の白2子を取ると
      02┠●●○●○  
      03●●●●○○  
      04○○○○○┼  
      05┠○┼○┼┼  
      06○○○○┼┼  

          ABCDEF  
        01●┯●◇┯○  白はD01と右の黒2子を取ることができま
        02┠●●○┼○  す。
        03●●●●○○  白石は打ち上げられ跡地A02-B01に存在す
        04○○○○○┼  ることができません。しかし、D01-D02に
        05┠○┼○┼┼  新たに取られない石を生じうるので白石は
        06○○○○┼┼  「活き石」ということになるそうです。

これはこのままでセキとなります。
ただし、対局中に黒からB02と打っていくことはできます。劫材にす
る場合もあるでしょう。

  ABCDEFGH  
01┏○●┯●○┯○  これだったら
02○┼●┼●○○○  
03○●●●○○┼○  
04●●○○○○○○  
05○○○┼┼┼┼┼  

    ABCDEFGH  
  01●┯●◇┯○┯○  黒はB02から取りにいって黒地2目です。
  02┠●●○┼○○○  
  03┠●●●○○┼○  黒地3目+黒のアゲハマ3子
  04●●○○○○○○  増えた白地2目+白のアゲハマ2子
  05○○○┼┼┼┼┼  6−4=2

    ABCDEFGH  
  01┏○●◆●○┯○  白からだとD02に放り込んで黒地1目です。
  02○┼●┼●○○○  
  03○●●●○○┼○  黒地0目+黒のアゲハマ1子
  04●●○○○○○○  増えた白地0目+白のアゲハマ0子
  05○○○┼┼┼┼┼  1−0=1

地の計算については、次のページからの地の判断入門を参照してくだ
さい。

  ABCDEFG  
01┏○●┯●●○  これは黒から取りにいくと損になります。
02○┼●┼●○○  このままでセキとなります。
03●●●●○○┼  
04○○○○○┼┼  
05┠○┼○┼┼┼  
06○○○○┼┼┼  

    ABCDEFG  
  01●┯●◇┯┯○  
  02┠●●○┼○○  黒地2目+黒のアゲハマ2子
  03●●●●○○┼  増えた白地3目+白のアゲハマ3子
  04○○○○○┼┼  4−6=−2
  05┠○┼○┼┼┼  白地2目
  06○○○○┼┼┼  

トップに戻る  日本囲碁規約を解釈するに戻る  前へ  次へ