日本囲碁規約の個人的な誤解釈か?  (2005-10-08)
「日本囲碁規約を解釈する」の連載です。
トップに戻る  日本囲碁規約を解釈するに戻る  前へ  次へ

第十三条の1項に「有効な着手」というのがあります。
「有効な着手」が残っていて、対局者が終局に「合意できない」場合に「両負
け」になるというものです。


[図A]  規約解説より
  ABCDEF  
01┏┯┯●○┯  白からB02に打てばセキとなるため、この手が「有効な着手」
02┠┼●●○┼  ということらしいです。
03┠●┼●○┼  
04●●●○○┼  死活確認をしてみると、黒石はすべて「活き石」です。
05○○○○┼┼  そして、黒石に囲まれた空点は「目」になります。「駄目」
06┠┼┼┼┼┼  ありませんので、黒の「地」となります。

第十三条の1項を抜きに、忠実に日本囲碁規約に従って判定すれば、黒の地と
して7目と計算され、しかも黒には手入れの必要もありません。(ただし、白
から「対局の再開」を要請されれば1手打って6目の地になります。)

白は第八条に従えば、これに合意せざるを得ません。


[図B]  規約解説より
  ABCDEFGHJ  
01┏●○┯┯┯○●┯  白からE01,E02,D01に打てば活きることができるので、
02┠●○┼┼○○●┼  これらの手が「有効な着手」ということらしいです。
03┠●○○○○●●┼  
04┠●●●●●●┼┼  ここだけを死活確認をしてみると、白石は黒E01と打た
05┠┼┼┼┼┼┼┼┼  れて「死に石」と確認されました。

これも、黒地として23目と計算され、手入れの必要もありません。(ただし、
白から「対局の再開」を要請されれば1手打って22目の地になります。)

しかし、これは他の死活確認の最中に白からE01と新たに取られない石を生じう
るという解釈が成り立ち、訳わからなくなります。

  ABCDEFGH  
01●○●○●○●┯  こんな形で「対局の停止」になったとしたら?
02┠○●○┼○●┼  
03●○●○●○●┼  どちらの白石も「死に石」と仮定すると、
04○○●○○○●┼  左の白石は、黒A02-白E02となり、新たに取られない石を
05●●●●●●●┼  生じうるので「活き石」となり矛盾するので、どちらの
06┠┼┼┼┼┼┼┼  白石も「活き石」ということになります。

いや、そうでもないな。仮に片方を「活き石」と仮定すると、もう片方の死活
確認では新たに取られない石が生じた訳ではないので「死に石」となってしま
う。しかし、対称性から両方とも死活確認の結果は同じでなければならない。
うーむ。このような見合いの場合は死活確認ができないということか…

どちらの白石も取られない石ではないので、それが取られないように打つこと
は新たに取られない石を生じたことになるという気がします。
つまり、左の白石の死活確認をすると、黒から左の白石を取れます。しかし、
取られても右の白石が新たに取られない石となるので、左の白石は「活き石」。
右の白石も同様に「活き石」…というのが正しい解釈かもしれない。
この形の場合は黒から「対局の再開」を要請することになるのでしょう。

ややこしいことは抜きにして、もし図Bしか残されていなければ、白は第八条
に従えば、黒地23目(あるいは手入れさせて22目)に合意せざるを得ない
のです。


しかしながら、死活確認および地について「合意」できる場合でも、第十三条
の1項に該当する場合には、終局に「合意」しなくてもよいということです。

相手に先着されても勝っている側が「対局の再開」を要請することになります。
相手に先着されるとどちらも負ける場合は「両負け」ということになります。
勝敗にかかわらず、どちらも「対局の再開」を要請しない場合も「両負け」に
なるのかもしれません。

これをもう少し考えてみると、日本囲碁規約が定める?「真の終局の条件」と
いうのがあるようで、それは「どちらから打っても結果が変わらない状態」と
いうことになるようです。死活確認では第七条の1項にあるとおり、相手から
打つときの結果で判定するにもかかわらず。

ただし、「真の終局の条件」を満たさず、中途半端な状態でも、対局者同士が
合意できる場合には、それを「終局」としても構わないと定めてもいます。こ
れは、囲碁の奥深さの故のことで、対局者の棋力によって判定しかねる、ある
いは気がつかないことも多々あり、勝敗について結論を下す手順が用意されて
いるということだろうと思われます。


よく、「ゲームの勝敗は一目瞭然でなければならないが囲碁だけは不明瞭」と
いうことをしばしば耳にしますが、もしそうならば、「囲碁だけは他のゲーム
と異なる」ということでしょう。

個人的には「勝敗は一目瞭然」でなければならないとは思わないし、さらに
「ルールはシンプルである」必要もないと思います。

単純がお好きならば、第二条第三条および打った石数で勝敗を決するという
石並べゲームをお勧めいたします。常に先手1子勝ちになりますが面白いと思
う人は少ない気がします。


[他の例]
  ABCDEFGHJKLMN  
01○○○┯●●●○○┯●●●  有力な劫材がない場合は、先着争いが発生し
02┠●●●●○○●○○○○┨  ます。
03●●○○○┼○●●●●○○  
04○○○・○○○●┼●┼●●  相手に「手入れ」を認めない場合は、「両負
05┠┼○○○┼┼●●●●●┨  け」となります。


  ABCDEF  
01●┯●○┯○  有力な劫材がない場合は、先着争いが発生します。
02○●●○○○  
03┠●○○┼○  白は黒の手入れを認めず、黒もまた白による打ち上げも認め
04●●○○○○  ない場合は「両負け」となります。
05○○○┼┼┼  


  ABCDEFGH  
01●○●○●○○●  もし、白石がすべて「活き石」とすると、
02┠○●○┼○○●  白地は10目と計算できますが、「有効な着手」がある
03●○●○●○○●  として、黒は「終局」に合意しなくてもいい。
04○○●○○○○●  
05●●●●●●●●  黒から打つと黒の勝ちとなり、白から打つと白の勝ちと
06┠┼┼┼┼┼┼┼  なる場合は「両負け」となります。


さて、以上の個人的な解釈について皆様はどのようにお考えなのでしょうか?

トップに戻る  日本囲碁規約を解釈するに戻る  前へ  次へ