死活確認初級(その1)  (2001-06-18)
「日本囲碁規約を解釈する」の連載です。
トップに戻る  日本囲碁規約を解釈するに戻る  前へ  次へ

地については既に地の判断入門ですべてを尽くしてしまった感があり、後
はケースバイケースで判断できるはずです。要するに、
  死活確認をする。
  「活き石」に隣接する「駄目」があるかどうか。
  「駄目」がなければ「目」が「地」になる。
  「地」と「活き石」に囲まれた「死に石」はそのままハマになる。
ということをするだけなのです。これさえ理解できれば後は死活確認がで
きればいいということになります。

  【第七条解釈】

「相手方の着手により取られない石」とは相手の手番から打たれても取ら
れないという意味なのですが、第十三条の1項に「有効な着手」というの
があります。この第十三条の1項を入れている意図は判る気がするのです
が、個人的にはこれはその他の条文の一貫性を崩すものではないかとも思
うのであります。これについては改めて別に「日本囲碁規約の個人的な誤
解釈か」という記事を掲載したいと思います。


「取られても新たに相手方に取られない石を生じうる石」とはどういうこ
となのでしょうか?

[図A]
  ABCDEFG  
01┏○┯●┯┯●  A02の黒石は「死に石」です。
02●○┼●●●●  
03○●●●┼┼●  白A01と打たれても黒C02とか黒E01等に打つ石は取ら
04○○○○●●●  れないのでA02の黒石は活き石ではないかという解釈
05┠○┼○┼┼┼  は成り立ちません。
06○○○○┼┼┼  

E01は黒の活き石の中にあるので、相手方に取られない石が生じたのでは
ありません。C02はどうか?これも相手方に生じた訳ではないのです。

相手方に生じるというのは、相手の地の中に取られない石が生じるとか、
あるいは、取られた跡地に取られない石が生じることです。

[図B]
  ABCDEFG  
01┏○○●┯┯●  A02の黒石は「活き石」です。
02●○○●●●●  
03○●●●┼┼●  白A01と打たれても黒A02と取り返し、さらに白B02と
04○○○○●●●  取られることになっても黒は白の跡地に取られない
05┠○┼○┼┼┼  石を打てます。
06○○○○┼┼┼  

黒が「新たに」取られない石を生じうるとしたら、元々の白は確定地とし
て計算できないのだということであります。

図Aの場合、白B01-B02の石は取られませんので、そのラインで活き石の
領域が確定していることになります。(駄目があるので駄目詰め・手入れ
は必要ですが)
黒A02の「死に石」は白の活き石の領域に影響を与えません。

図Bの場合、白石はいったん打ち上げられると、白C01-C02-B02のライン
で活き石の領域が確定した訳ではなかったことになります。
対局中に取り合えば、活き石の領域が異なってきます。
いったん取られることになる黒石は白の活き石の領域に影響を与えます。
それを放置したならセキということになる訳です。
それ以外の判定は不自然だったのです。


  【万年劫】

  ABCDEFGH  
01○┯○┯●○┯○  規約解説より
02●○○┼●○○○  
03●●●●●○┼○  白からB01と打てばセキになります。
04○○○○○○○○  白からD01またはD02と打てば劫になります。

白からは劫で争えない場合はセキにする手もあるでしょう。
しかし、白から劫を仕掛けると後手の劫となります。

黒からは打つとすればB01と打って劫にすることぐらいですが、その後は、
A01と継げず、D01またはD02とダメを詰めますが、これは後手の劫になりま
す。

つまり、どちらから仕掛けるにしても、1手パスに近いので、なかなか仕
掛けることが難しい形なのです。これを「万年劫」といいます。

このまま「対局の停止」になったとしたら…
これを死活確認してみましょう。

  ABCDEFGH  
01○┯○┯●○┯○  白D02-黒B01-
02●○○┼●○○○  
03●●●●●○┼○  
04○○○○○○○○  

  ABCDEFGH  
01┏●○┯●○┯○  白A01のパス-黒D01と白石を打ち上げて、
02●○○○●○○○  
03●●●●●○┼○  黒石は「活き石」と確認されました。
04○○○○○○○○  

  ABCDEFGH  
01○┯○┯●○┯○  黒B01-白A01のパス-黒D02-
02●○○┼●○○○  
03●●●●●○┼○  
04○○○○○○○○  

  ABCDEFGH  
01┏●○┯●○┯○  白はA01を指定してパスをしていたのでA01に打てま
02●○○●●○○○  す。
03●●●●●○┼○  
04○○○○○○○○  白A01-黒B01のパス-白D01と黒石を打ち上げて、

白石は「活き石」と確認されました。元の図の白石A01の1子も「活き石」
です。
D01,D02が「駄目」ということになりますので黒石も隅の白石群も「セキ
石」ということになります。

トップに戻る  日本囲碁規約を解釈するに戻る  前へ  次へ