死活確認初級(その2)  (2001-06-18)
「日本囲碁規約を解釈する」の連載です。
トップに戻る  日本囲碁規約を解釈するに戻る  前へ  次へ

  【両劫活き】

  FGHJKLM  
01○┯○●┯●○  白からK01と取りに来られますと、L01は劫となります
02○○●┼●○○  が、G01は打てます。
03┼○●●●○┼  
04┼○●┼●○┼  
05┼○●●●○┼  
06┼○○○○○┼  

  FGHJKLM  
01○●┯●○┯○  白が劫だてをしてH01と取り返してくると、今度は、
02○○●┼●○○  L01と打てます。
03┼○●●●○┼  このように劫が2つあると取られなくなることがあり
04┼○●┼●○┼  ます。
05┼○●●●○┼  
06┼○○○○○┼  このように劫が2つあるのを「両劫」といいます。

この場合は黒石のJ01と下の10子は「活き石」です。
H01,L01は「死に石」です。そして、G01,K01は駄目となります。
手入れをして、黒地は2目となります。


  DEFGHJKLMNOP  
01○┯○○●●○○●●┯●  これも同様に中の白石も黒石も「両劫」で
02○○○●●○┼○○●●●  す。ここではJ02、K04の2子が「死に石」
03○┼○●┼●○┼○●┼●  となります。他はすべて「活き石」です。
04○○○●●┼●○○●●●  
05┼┼○○●●○○●●┼┼  K02,J04は「駄目」となります。
06┼┼┼○○○●●●┼┼┼  

この場合は「死に石」の2子を除いた中の黒石群も白石群も「セキ石」と
なります。ここは地になりません。
このような形を「両劫ゼキ」といいます。


  【両劫死】

  DEFGHJKLM  
01○┯○○●●○○┯  この黒石の死活確認は簡単ですよね。
02○○○●●○┼○○  白K02と継げば、黒は取られます。
03○┼○●┼●○┼○  
04○○○●●┼●○○  
05┼┼○○●●○○┼  
06┼┼┼○○○○┼┼  


  DEFGHJKLMNOP  
01○┯○○●●○○●●┯○  「両劫ゼキ」のように見えますが、外側の
02○○○●●○┼○○●┼○  黒石が「死に石」となります。
03○┼○●┼●○┼○●┼○  
04○○○●●┼●○○●┼○  これは「セキ崩れ」で中の黒石も「死に石」
05┼┼○○●●○○●●┼○  となります。
06┼┼┼○○○●●●○○○  
07┼┼┼┼┼○○○○○┼┼  中の空点はすべて白の「目」となります。

  DEFGHJKLMNOP  
01○┯○○●●○○●●┯○  死活確認をしてみますと
02○○○●●○┼○○●┼○  
03○┼○●┼●○┼○●┼○  白O01-黒K02-白J04-黒K04のパス-
04○○○●●┼●○○●┼○  
05┼┼○○●●○○●●┼○  
06┼┼┼○○○●●●○○○  
07┼┼┼┼┼○○○○○┼┼  

  DEFGHJKLMNOP  
01○┯○○●●○○●●○○  白O02-黒K04-白J02-黒K02のパス-
02○○○●●┼●○○●┼○  
03○┼○●┼●○┼○●┼○  
04○○○●●○┼○○●┼○  
05┼┼○○●●○○●●┼○  
06┼┼┼○○○●●●○○○  
07┼┼┼┼┼○○○○○┼┼  

  DEFGHJKLMNOP  
01○┯○○●●○○●●○○  と、外側の黒石のダメが詰まっていき、や
02○○○●●○┼○○●○○  がて、打ち上げられてしまいます。
03○┼○●┼●○┼○●┼○  
04○○○●●┼●○○●┼○  その後は両劫死の最初の図と同じで、今度
05┼┼○○●●○○●●┼○  は中の黒石も打ち上げられてしまいます。
06┼┼┼○○○●●●○○○  
07┼┼┼┼┼○○○○○┼┼  

死活確認が勝手読みだったので、いったん保留にします。
両劫ゼキの取り取りパスパスの無限繰り返し抵抗は禁止されていないと都
合悪し。

死活確認の際のパスを含む繰り返しは、意味のないこととして省く(打っ
たことにならない)とされているのだろうか?
それならば、黒石は打つ手なしで白から一方的にダメを詰めてきて「死に
石」となるが、

そうでなければ…死活確認では打ち上げられないので「活き石」になって
しまう。とすると「対局の再開」をするなりして、「対局中」にうち上げ
なければならないことになる。

しかし、規約解説例などを見てみると前者のような気がする。
条文からは個人的には読み取れないのですが、「死活確認の際のパスを含
む繰り返しは死活確認の手順から削除されるものとする。」という解釈に
して、暫定的に(^^; 黒石は「死に石」と判定します。


正しい解釈は
-----------------------------------------------------------------
死活確認には「死活確認の停止」と「死活確認の再開」がある。
パスパスは「死活確認の停止」となる。
「死活確認の再開」は取る側の手番から開始する。
-----------------------------------------------------------------
ということのようです。
死活確認とは取る側の手番から開始して取れることを示すことなので、再
開もまた取る側の手番で継続するということらしいです。
なお、再開時には劫の着手禁止点はすべてなくなります。

従って、両劫の取り取りパスパスは取られる側の最善手にはならないので、
死活確認では両劫の手順をすべて取り去った手順を示せば良いことにな
ります。


  【両劫に仮生一】

  GHJKLMN  
01●○┯○┯○●  これの死活を論じること自体、ばかばかしい感じもし
02●●○○○○●  ますが…
03┼●●●●●●  
04┼●┼●┼●┼  
05┼●●●●●┼  

これは他に両劫があると対局中に(損をしないで)この白石を打ち上げる
ことができません。

黒J01と白石をアタリにしても、白は両劫の黒石をアタリにします。
黒は両劫の方を取られないように、両劫の石を取り返します。
すると、白はH01と取り返せる訳です。

「実戦で取られない石は活きている」ルールですと、この白石は活きてい
ることになるのかもしれません。

日本囲碁規約では、死活確認をしてみますと
黒J01と取られた後、H01の点を指定してパスをしなければH01に打てません。
従って、白両劫の石取り-黒両劫の石取りの後でもH01には打てませんので
この白石は「死に石」と確認されることになります。

両劫に仮生一の死活解釈は時代とともに解釈が二転三転しました。
鎌倉には如仏が活きと裁定し、その解釈が(多分)定着しました。
しかし、江戸時代には本因坊元丈が死と判定したそうです。
ところが、明治に入り如仏の説が再び優勢となりました。
しかし、日本棋院規約では「独立死活論」により死と解釈されることになり
ました。
そして、日本囲碁規約では死と確認されるルールとなりました。

昔は人それぞれルール(棋理)が異なっていたのでもめたのでしょう。
囲碁はなかなか奥が深い…

トップに戻る  日本囲碁規約を解釈するに戻る  前へ  次へ