死活確認初級(その3)  (2001-06-18)
「日本囲碁規約を解釈する」の連載です。
トップに戻る  日本囲碁規約を解釈するに戻る  前へ  次へ

ここでは死活確認以外のことにも触れてみたいと思います。
解釈がだんだん怪しくなりつつありますが…


  【両劫に劫】

  FGHJKLMNO  
01○┯○●┯●○┯○  劫が3つありますが、第十二条の無勝負にはなり
02○○●┼●○○○○  ません(多分)。
03┼○●●●●○┼○  白番なら白の取り番の劫が1つと同じです。
04┼○●┼●┼●○○  黒番なら継ぎと同じです。
05┼○●●●●○○┼  
06┼○○○○○○┼┼  


  ABCDEFGHJKLMNO  
01┏●◇┯○○●●○○●●┯●  D01の劫に対して両劫という無限の
02●●●○○●●○┼○○●●●  劫材が双方にあることになります。
03┠●○┼○●┼●○┼○●┼●  
04●●○○○●●┼●○○●●●  もし、半目勝負などで譲れない場合、
05○○○┼○○●●○○●●┼┼  「同一局面反復」の状態になるので、
06┠┼○○○○○○●●●┼┼┼  「無勝負」を合意することになりま

す。

黒が劫を譲って勝てるなら劫争いをせず、白に継がせて「対局の停止」
に至りますが、双方譲らず争いつづけるなら「対局の停止」に至らず、
死活確認はできません。「無勝負」という結果になります。

黒が放置してこの形で終わるとしてもD01は「駄目」ということになりま
すので、このままでは白の「目」D03,D05は少なくとも「地」にはなりま
せん。白は「駄目詰め」をしなくてはなりません。


  ABCDEFGHJKLMNO  
01┏●○┯○○●●○○●●┯●  形勢が白僅差負けの形勢であれば
02●┼◆○○●●○┼○○●●●  「無勝負」は間違いなしと思われま
03┠●○┼○●┼●○┼○●┼●  す。
04●●○○○●●┼●○○●●●  
05○○○┼○○●●○○●●┼┼  
06┠┼○○○○○○●●●┼┼┼  


  【両劫に両劫】

  ABCDEFGHJKLMNOPQRST  
01○┯○○●●○○●●●○○●●○○┯○  これは両者が合意すれ
02○○○●●○┼○○●○○●┼●●○○○  ばセキとなります。
03○┼○●┼●○┼○●○┼○●┼●○┼○  
04○○○●●┼●○○●○○┼○●●○○○  しかし、「無勝負」を
05┠┼○○●●○○●●●○○●●○○┼┨  主張することもできる
06┠┼┼○○○●●┼●┼●●○○○┼┼┨  と考えられます(多分)。
07┠┼┼┼┼┼┼●●●●●┼┼┼┼┼┼┨  

「無勝負」を拒否する場合は片方の両劫を捨てればもう片方はセキに
なります(多分)。


  【両劫に隅の曲り4目】

  ABCDEFGHJKLMNO  
01○┯●○○○●●○○●●┯●  問題となるのは隅の曲り4目です。
02○●●○○●●○┼○○●●●  
03○●○┼○●┼●○┼○●┼●  死活確認をしてみましょう。
04┠●○○○●●┼●○○●●●  
05●●○┼○○●●○○●●┼┼  
06○○○○○○○○●●●┼┼┼  

  ABCDEFGHJKLMNO  
01○┯●○○○●●○○●●┯●  白B01-黒A04-白A02-
02○●●○○●●○┼○○●●●  
03○●○┼○●┼●○┼○●┼●  
04┠●○○○●●┼●○○●●●  
05●●○┼○○●●○○●●┼┼  
06○○○○○○○○●●●┼┼┼  

  ABCDEFGHJKLMNO  
01┏┯●○○○●●○○●●┯●  黒A01-白B01-
02○●●○○●●○┼○○●●●  
03┠●○┼○●┼●○┼○●┼●  この時、黒J02-白H04-
04●●○○○●●┼●○○●●●  となっても、黒はA01と打てません。
05●●○┼○○●●○○●●┼┼  
06○○○○○○○○●●●┼┼┼  黒A01のパス-白A03と打ち上げて

隅の黒石が「死に石」で白3子が「活き石」であることが確認されまし
た。


  ABCDEFGHJKLM  
01●┯○○●●○○●●┯●  両劫に隣接している石が隅の曲り4目に
02●○○●●○┼○○●●●  なっています。
03●○○●┼●○┼○●┼●  
04┠○○●●┼●○○●●●  これを死活確認してみましょう。
05○○○○●●○○●●┼┼  
06●●●○○○●●●●┼┼  
07┠┼●●●●●┼┼┼┼┼  

  ABCDEFGHJKLM  
01●┯○○●●○○●●┯●  黒B01-白A04-黒A02-白A01-黒B01-
02●○○●●○┼○○●●●  
03●○○●┼●○┼○●┼●  
04┠○○●●┼●○○●●●  
05○○○○●●○○●●┼┼  
06●●●○○○●●●●┼┼  
07┠┼●●●●●┼┼┼┼┼  

  ABCDEFGHJKLM  
01┏●○○●●○○●●┯●  この時、白F04-黒G02-
02●○○●●○┼○○●●●  となっても白はA01に打てません。
03┠○○●┼●○┼○●┼●  
04○○○●●┼●○○●●●  白A01のパス-黒A03-
05○○○○●●○○●●┼┼  
06●●●○○○●●●●┼┼  
07┠┼●●●●●┼┼┼┼┼  

  ABCDEFGHJKLM  
01┏●┯┯●●○○●●┯●  となって、中の白石も打ち上げられるこ
02●┼┼●●○┼○○●●●  とになります。
03●┼┼●┼●○┼○●┼●  
04┠┼┼●●┼●○○●●●  従って、元図の白石はすべて「死に石」、
05┠┼┼┼●●○○●●┼┼  黒石はすべて「活き石」と確認されまし
06●●●┼┼┼●●●●┼┼  た。
07┠┼●●●●●┼┼┼┼┼ 

これは、両劫ゼキの外側の石が隅の曲り4目になっているので、隅の曲
り4目は「死に石」、故に、「セキ崩れ」で中の白石も「死に石」とい
う手順で判断してもほぼ間違いはありません。 

トップに戻る  日本囲碁規約を解釈するに戻る  前へ  次へ