死活確認初級(その4)  (2000-10-15)
「日本囲碁規約を解釈する」の連載です。
トップに戻る  日本囲碁規約を解釈するに戻る  前へ  次へ

  【隣り合わせの隅の曲り4目】

  ABCDEFGHJKLMN  
01○○○┯●●●○○┯●●●  これは隅の曲り4目の形が隣り合って
02┠●●●●○○●○○○○┨  ます。
03●●○○○┼○●●●●○○  活きている石に囲まれていないので
04○○○・○○○●┼●┼●●  実際には「隅の曲り4目」ではありま
05┠┼○○○┼┼●●●●●┨  せん。

死活確認では白3子、黒3子、黒9子、白8子すべて「死に石」と確認
されます。このままでは、どちらの地にもなりません。
劫材豊富な方が手入れすることになるのでしょう(多分)。第十三条の
1項が絡む場合の件については別に言及します。

対局中なら、劫がらみの攻め合いということになります。


  ABCDEFGHJKLMN  
01○○○┯●●●○○┯●●●  これならどうか?
02○●●●●○○●○○○○┨  
03●●○○○┼○●●●●○○  白石はすべて「活き石」で中の黒石は
04○○○・○○○●┼●┼●●  2つとも「死に石」と確認されます。
05┠┼○○○┼┼●●●●●┨  

対局中ならば黒は劫で争えますが、このまま「対局の停止」になるなら
ば白は手入れを必要としません。


  ABCDEFGHJKLMN  
01┏○┯●●●●○○┯●●●  これならどうか?
02○●●●●○○●○○○○┨  
03●●○○○┼○●●●●○○  5つとも「死に石」と確認されます。
04○○○・○○○●┼●┼●●  
05┠┼○○○┼┼●●●●●┨  

対局中ならば黒は劫で争えますが、このまま「対局の停止」となるのは
白の劫材が豊富なケースであろうと考えられますが、白は手入れが必要
になります。


  ABCDEFGHJKLMN  
01●○┯●●●●○○┯●●●  これならどうか?
02┠●●●●○○●○○○○┨  
03●●○○○┼○●●●●○○  5つとも「死に石」と確認されます。
04○○○・○○○●┼●┼●●  
05┠┼○○○┼┼●●●●●┨  

対局中ならば白は劫で争えますが、このまま「対局の停止」となるのは
黒の劫材が豊富なケースであろうと考えられますが、黒は手入れが必要
になります。


  【ハネゼキ】

  ABCDEFGHJ  
01●●●┯○●○┯○  規約解説より
02○○○○○●○○○  
03●●●●┼●○┼○  黒石も白石も「活き石」でセキになるという解
04○○○●●●○○○  説です。
05┠●●●○○○┼┼  
06●○○○○┼┼┼┼  
07○○┼┼┼┼┼┼┼  
                               
  ABCDEFGHJ  
01●●●┯○●○┯○  白石の死活確認をしてみると
02○○○○○●○○○  
03●●●●┼●○┼○  黒A05-白B04-
04○○○●●●○○○  
05┠●●●○○○┼┼  
06●○○○○┼┼┼┼  
07○○┼┼┼┼┼┼┼  

  ABCDEFGHJ  
01●●●┯○●○┯○  となって、黒E03 と打っても
02○○○○○●○○○  
03●●●●┼●○┼○  白D01-黒B01-白A04-
04┠○┼●●●○○○  
05●●●●○○○┼┼  
06●○○○○┼┼┼┼  
07○○┼┼┼┼┼┼┼  

  ABCDEFGHJ  
01┏●┯○○●○┯○  となって、
02○○○○○●○○○  
03●●●●●●○┼○  黒石はすべて打ち上げられてしまいます。
04○○┼●●●○○○  
05●●●●○○○┼┼  
06●○○○○┼┼┼┼  
07○○┼┼┼┼┼┼┼  

  ABCDEFGHJ  
01●●●┯○●○┯○  黒パスしても
02○○○○○●○○○  
03●●●●┼●○┼○  白A04-黒パス-白D01-黒B01-白E03-
04┠○┼●●●○○○  
05●●●●○○○┼┼  
06●○○○○┼┼┼┼  
07○○┼┼┼┼┼┼┼  

  ABCDEFGHJ  
01┏●┯○○●○┯○  となって、これまた、
02○○○○○●○○○  
03●●●●○●○┼○  黒石はすべて打ち上げられてしまいます。
04○○┼●●●○○○  
05●●●●○○○┼┼  従って、白石はすべて「活き石」と確認されま
06●○○○○┼┼┼┼  した。
07○○┼┼┼┼┼┼┼  
                               
  ABCDEFGHJ  
01●●●┯○●○┯○  黒石の死活確認をしてみると
02○○○○○●○○○  
03●●●●┼●○┼○  白D01と取る手は
04○○○●●●○○○  
05┠●●●○○○┼┼  黒B01-
06●○○○○┼┼┼┼  
07○○┼┼┼┼┼┼┼  

  ABCDEFGHJ  
01┏●┯○○●○┯○  白E03と打つと、
02○○○○○●○○○  
03●●●●┼●○┼○  黒A05-白B04-黒A01-
04○○○●●●○○○  
05┠●●●○○○┼┼  
06●○○○○┼┼┼┼  
07○○┼┼┼┼┼┼┼  

  ABCDEFGHJ  
01●●┯○○●○┯○  となって
02○○○○○●○○○  
03●●●●○●○┼○  白石はすべて打ち上げられてしまいます。
04┠○┼●●●○○○  
05●●●●○○○┼┼  
06●○○○○┼┼┼┼  
07○○┼┼┼┼┼┼┼  

  ABCDEFGHJ  
01┏●┯○○●○┯○  白A05と打つと、
02○○○○○●○○○  
03●●●●┼●○┼○  黒A06-白A05-黒E03-
04○○○●●●○○○  
05┠●●●○○○┼┼  
06●○○○○┼┼┼┼  
07○○┼┼┼┼┼┼┼  

  ABCDEFGHJ  
01┏●┯○○●○┯○  となって
02○○○○○●○○○  
03●●●●●●○┼○  白石はすべて打ち上げられてしまいます。
04┠┼┼●●●○○○  
05○●●●○○○┼┼  他の手順も同様です。
06┠○○○○┼┼┼┼  
07○○┼┼┼┼┼┼┼  

  ABCDEFGHJ  
01●●●┯○●○┯○  従って、
02○○○○○●○○○  
03●●●●┼●○┼○  黒3子、黒13子は「活き石」と確認されまし
04○○○●●●○○○  た。
05┠●●●○○○┼┼  
06●○○○○┼┼┼┼  A06の黒1子が「活き石」であろうと、「死に
07○○┼┼┼┼┼┼┼  石」であろうとどちらの地にもなりません。

ただ、この黒1子が取られても、活きている白石を取れるなどにより、
「新たに」取られない石を生じうるので「活き石」と考えられます。

トップに戻る  日本囲碁規約を解釈するに戻る  前へ  次へ