死活確認初級(その5)  (2000-11-03)
「日本囲碁規約を解釈する」の連載です。
トップに戻る  日本囲碁規約を解釈するに戻る  前へ  次へ

  【眼あり眼なし三劫】

  BCDEFGHJKL  
01○●┯●○┯○┯○●  規約解説より
02○○●●●○○○○●  
03┼┼○●┼●○●●●  
04┼┼○●●○○●・┼  黒石の死活確認をしてみますと
05┼┼○○○●●●┼┼  

  BCDEFGHJKL  
01○●┯●○┯○┯○●  白D01-黒G01-白F03-
02○○●●●○○○○●  
03┼┼○●┼●○●●●  
04┼┼○●●○○●・┼  
05┼┼○○○●●●┼┼  

  BCDEFGHJKL  
01○┯○●┯●○┯○●  となり、黒はC01かまたはG03のパスをしても
02○○●●●○○○○●  白F01と打ち上げられて、黒石はすべて「死
03┼┼○●○┼○●●●  に石」と確認されました。
04┼┼○●●○○●・┼  
05┼┼○○○●●●┼┼  

  BCDEFGHJKL  
01○●┯●○┯○┯○●  9子の白石の死活確認をしてみますと
02○○●●●○○○○●  
03┼┼○●┼●○●●●  黒G01-白F03-
04┼┼○●●○○●・┼  
05┼┼○○○●●●┼┼  

  BCDEFGHJKL  
01○●┯●┯●○┯○●  黒G03のパス-白F01のパス-黒G03-白F01-
02○○●●●○○○○●  
03┼┼○●○┼○●●●  と取られないので、白石9子は「活き石」と
04┼┼○●●○○●・┼  確認されました。
05┼┼○○○●●●┼┼  

  BCDEFGHJKL  
01○●┯●☆┯○┯○●  ☆が「活き石」であるか「死に石」であるか
02○○●●●○○○○●  により事情が複雑になります。
03┼┼○●┼●○●●●  
04┼┼○●●○○●・┼  
05┼┼○○○●●●┼┼  

「活き石」であれば、なにも問題はなく、中の空点はすべて白の「目」
となります。

しかし、「死に石」だとするとどうなるのでしょう。

  ABCDEF  
01┏○●┯●○  例えば、この形では
02┠○●●●○  
03○○○○○○  D01は白の「活き石」に囲まれた空点で「目」です。

これと同様に考えて、

  BCDEFGHJKL  
01○◆※◆◇※○┯○●  ◆◇は「死に石」で外側の○を「活き石」と
02○○◆◆◆○○○○●  しますと、
03┼┼○◆※◆○●●●  ※は○の「活き石」のみに囲まれた空点で、
04┼┼○◆◆○○●・┼  他には双方の「死に石」しかありません。
05┼┼○○○●●●┼┼  という理由で、※は「目」と解釈できるか?

しかし、それだと、

  ABCDEF  
01◆※◆○┯○  ※は白の「目」と認めざるを得なくなります。
02◇◆◆○○○  
03※◆○○┼○  
04◆◆○○○○  
05○○○┼┼┼  

白の「目」ではあるけれども、「対局の再開」によって黒から「手入れ」
することができるということかもしれません。(これが正解かも)

そうでなければ、この「眼あり眼なし3劫」はすべての黒石は「死に石」
白石9子は「活き石」、白石1子は「死に石」でG01は「駄目」というこ
とになります。とすると白地は0目となります。

G01の空点が「駄目」ならば白は「駄目詰め」「手入れ」が必要となり
ます。しかし、3劫ですから「駄目詰め」「手入れ」ができるのかどう
か怪しいです。


いずれにせよ、結論に不満なほうが「対局の再開」を要請することになろ
うかと思われますので「無勝負」ということになります。
ここをすべて相手に取らせても勝てる場合はここを放棄した方の勝ちとい
う結末も有り得ます。

白石取られで勝ちなら白勝ちに至ります。
黒石取られで勝ちなら黒勝ちに至ります。
もし、すべて白地という結論なら
  白が地で勝ち・白石取られで負けなら黒が無勝負を主張します。
もし、セキという結論なら
  白がセキで勝ち・白石取られで負けなら黒が無勝負を主張します。
  白がセキで負け・黒石取りで勝ちなら白が無勝負を主張します。
ただし、手入れを要する場合はその2目分も考慮に入りますが…


  【長生がらみ】

  ABCDEFGHJ  
01┏○┯●┯○●┯○  規約解説より
02●○○○●●○○○  
03●●●●●○○┼┼  白からC01またはH01と打てば中手で
04○○○○○○┼┼┼  黒石はすべて「死に石」と確認されます。
05○┼○┼○○┼┼┼  
06○○○○○○┼┼┼  

  ABCDEFGHJ  
01┏○┯●┯○●┯○  黒C01-白E01-黒D01-白F01-と取れないので
02●○○○●●○○○  白石4子は「活き石」と確認されます。
03●●●●●○○┼┼  
04○○○○○○┼┼┼  黒E01-白C01-となるので
05○┼○┼○○┼┼┼  白石1子も「活き石」と確認されます。
06○○○○○○┼┼┼  

外側の白石に駄目がなくなればこのままですべて白地となります。

しかし、白勝ちのケースでは、黒からC01と長生無勝負に持ち込めるので、
「有効な着手」といえなくもない。
白半目勝ちのケースなら、黒から「対局の再開」を要請すれば、白は打た
ないので、黒から「無勝負」を主張できます。
白が1目半以上勝ちのケースなら、黒から「対局の再開」を要請しても負
けるのですが、勝敗にかかわる「有効な着手」があり「終局」に合意でき
ないと主張すれば、そのとき白が「無勝負」に合意しなければ「両負け」
となるような気がします。


  【要手入れ】

  ABCDE  
07○○○┼┼  規約解説より
08●●○┼┼  
09┠●○○○  黒8子は取られないため「活き石」。
10┠●○・○  白7子は黒から打てば取られるため「死に石」。
11●●○○○  
12┠●○┼○  白からはA09またはA10と放り込んでセキにする必要があり
13○●○○○  ました。(白が放置する意味がありません。)
14┠○●●●  
15○○●┼●  これまたケースによっては「両負け」になるかと思われま
16┠○●●●  す。
17○○●┼●  
18●●●●●  

トップに戻る  日本囲碁規約を解釈するに戻る  前へ  次へ