地の判断入門(駄目のない活き石)  (2001-06-27)
「日本囲碁規約を解釈する」の連載です。
トップに戻る  日本囲碁規約を解釈するに戻る  前へ  次へ

囲碁は地の大小を争うゲームです(第一条)。
地とはどういうものなのでしょうか?

日本囲碁規約では第八条に定められています。もちろん、死活確認もかか
わりますし、第九条第十条なども関連してきます。


  【第八条解釈】

「一方のみの活き石で囲んだ空点」とはどういうものなのでしょうか?
活き石で囲んだ中に相手の活き石がなく、相手の死に石を除いた空点とい
う解釈をすることになります。

  ABCDEFG  
01┏●┯┯●┯●  黒石はすべて活き石です。
02●●┼┼●●●  白石は死に石です。
03┠●┼┼●┼●    
04●●┼・●●●    
05┠○○○●┼┼    
06┠○○○●┼┼  
07●●●●●┼┼  
  
  ABCDEFG    
01※●┯┯●※●  A01は黒の活き石に囲まれた空点です。  
02●●┼┼●●●  これは黒の「目」となります。  
03※●┼┼●※●  
04●●┼・●●●  同様にA03,F01,F03も「目」です。
05┠○○○●┼┼  
06┠○○○●┼┼  
07●●●●●┼┼    

  ABCDEFG  
01┏●※※●┯●  ※は黒のみの活き石に囲まれた空点です。
02●●※※●●●  (他には白の死に石しかありません)
03┠●※※●┼●  
04●●※※●●●  ※は黒の「目」となります。
05※○○○●┼┼  
06※○○○●┼┼  
07●●●●●┼┼  


  ABCDEFGH    
01┏○┯┯●┯●○  黒石は活き石です。
02○○┼┼●●●○  白石は左上隅の方が活き石で、D06の白石は死に石で
03┠○┼┼●┼●○  す。  
04○○┼・●●○○  
05┠●●●●○┼○  
06┠┼┼○●○○○  
07●●●●●○┼○  
07○○○○○○○○
  
  ABCDEFGH    
01┏○××●※●○  ※は黒の「目」になります。
02○○××●●●○  
03┠○××●※●○  ×は一方のみの活き石に囲まれていません。  
04○○××●●○○  ×は「駄目」ということになります。
05×●●●●○┼○  
06×××○●○○○  黒石も左上隅の白石も活き石ですが、「駄目」を有
07●●●●●○┼○  する(駄目に隣接する)ので「セキ石」となります。
07○○○○○○○○  

「セキ石」の「目」は「地」になりませんので、このままでは黒地も隅の
白地も0目ということになります。

  ABCDEFGH    
01┏○○●●┯●○  駄目を詰めると
02○○○●●●●○  ※は黒の「目」になります。
03┠○○●●┼●○    
04○○○●●●○○  黒石には駄目がなくなりましたので黒の「目」が
05●●●●●○┼○  「地」になります。
06※※※○●○○○  
07●●●●●○┼○  一方、隅の白石にも駄目がなくなりましたので
07○○○○○○○○  隅の白の「目」も「地」になります。

つまり「駄目」がなくなって始めて活き石の「目」が「地」となります。
これらのことが第八条で定められていることなのです。

こんなように決めているには理由があります。最も大きな理由は日本囲碁
規約以前にはさまざまな解釈の違いにより、手入れが必要であるかどうか
を巡ってトラブルが発生していたからです。

なお、
  規約上の解釈では「対局の停止」時には「地」と計算されるはずの「目
  」を持つ活き石に駄目がないようにしておく必要があることになります
  が、双方が合意できていれば、その必要はなく「対局の停止」後、駄目
  詰め、手入れをしてもいいということになっているようです。

  「対局の停止」後、死活確認で合意できない場合は第九条の3項に基づ
  き、対局の再開ができます。駄目詰め、手入れの最中に合意できないこ
  とがあれば、最後の「対局の停止」時点にさかのぼって、対局の再開が
  できることになっているようです。


  【駄目のない活き石】

  EFGHJKLMN  
01○┯○●┯●┯●○  黒石は「活き石」です。「駄目」がありませんの
02○○○●┼●┼●○  で、黒の「目」は「地」となります。
03○┼○●●●●●○  黒地4目となります。
04○○○○○○○○○  

白石は2眼あるので白地は最低2目以上あるといえそうですが、もし、こ
の白石に駄目があれば「地」となりません。

しかし、2眼あるので、駄目があっても、死なないように駄目詰めができ
るはずです。2目以上になることは間違いありません。

駄目を詰めると損をするケースがありました。従って、駄目を詰めないで
セキ石のままにしておく方がいい場合もあります。

「駄目がなくなるまで地にはならない」ということが重要なことなのです。

  EFGHJKLMN  
01○┯○●┯●┯●○  黒石は「活き石」です。「駄目」がありませんの
02○○○●┼●○●○  で、黒の「目」は「地」となります。
03○┼○●●●●●○  しかし、黒地は3目だけではありません。
04○○○○○○○○○  

第十条の1項に基づき、黒地の中のL02の白石は取り上げてハマとするこ
とができますので、取り上げた跡地に黒地1目と、第十条の2項に基づき、
ハマを相手の地に埋めることによる黒地1目分が加算されますので、黒地
合計5目となります。

  ABCDEFGH
01┏●●●●●●○  A01の点は黒の「活き石」に囲まれています。
02●○○○○○●○  このように囲んでいるかどうかということに斜めは
03●○┼○┼○●○  関係ないのです。
04●○○○○●●○  従って、A01もF05も黒の「目」となります。
05●○○○●┼●○  
06●●●●●●○○  黒石も中の白石も駄目はないので、
07○○○○○○○┼  黒地は2目、中の白地も2目となります。

トップに戻る  日本囲碁規約を解釈するに戻る  前へ  次へ