地の判断入門(駄目のある活き石)  (2001-03-31)
「日本囲碁規約を解釈する」の連載です。
トップに戻る  日本囲碁規約を解釈するに戻る  前へ  次へ

  【駄目のある活き石】

  ABCDEF
01○┯○●┯○  この黒石は活き石ですが黒地5目として計算できません。
02●●●●┼○  
03○○○○○○  
04┠○┼○┼┼  
05○○○○┼┼

    ABCDEF
  01○┯○●×○  駄目を有するのでこのままでは黒地0目です。
  02●●●●×○  
  03○○○○○○  
  04┠○┼○┼┼  
  05○○○○┼┼

      ABCDEF
    01┏◆┯●○○  駄目詰めして、B01と打って白石を打ち上げる「手
    02●●●●○○  入れ」をして黒地4目となります。
    03○○○○○○  
    04┠○┼○┼┼  
    05○○○○┼┼

  FGHJKLMNO  
08○○○○○○○○○  黒石も中の白石も活き石ですが、
09○●●●●●●●○  
10○●┼○○○┼●○  
11○●●●●●●●○    
12○○○○○○○○○
13○┼○┼○┼┼┼┼
14○○○○○┼┼┼┼

    FGHJKLMNO  
  08○○○○○○○○○  H10,M10に駄目がありますので、
  09○●●●●●●●○  黒地は0目となります。
  10○●×○○○×●○  
  11○●●●●●●●○    
  12○○○○○○○○○
  13○┼○┼○┼┼┼┼
  14○○○○○┼┼┼┼
  
  FGHJKLMNOP  
08○○○○○○○○○○  これも同様に駄目がありますので、黒地は0目
09○●●●●●●●●○  です。
10○●┼○○○○┼●○  
11○●●●●●●●●○  
12○○○○○○○○○○  
13○┼○┼○┼┼┼┼┼  
14○○○○○┼┼┼┼┼  

  FGHJKLMNOP  
08○○○○○○○○○○  これは中の白石が死に石です。
09○●●●●●●●●○  
10○●┼○○○○┼●○  
11○●●●●●●●●○  
12○○○○○┼┼○○○  
13○┼○┼○○○○┼┼  
14○○○○○┼┼┼┼┼  

    FGHJKLMNOP  
  08○○○○○○○○○○  しかし、L12,M12に駄目がありますので、
  09○●●●●●●●●○  
  10○●┼○○○○┼●○  
  11○●●●●●●●●○  
  12○○○○○××○○○  
  13○┼○┼○○○○┼┼  
  14○○○○○┼┼┼┼┼  

      FGHJKLMNOP  
    08○○○○○○○○○○  駄目詰め、手入れして黒地8目となります。
    09○●●●●●●●●○  
    10○●●┼┼┼┼◆●○  
    11○●●●●●●●●○  
    12○○○○○○○○○○  
    13○┼○┼○○○○┼┼  
    14○○○○○┼┼┼┼┼  

  GHJKLMNOP  
05┼○○○○○┼┼┼  黒石も白石も活き石です。
06┼○●●●○○┼┼  
07○○●○●●○○○  
08○●●○┼●○┼○  
09○●○┼○●○○○  
10○●┼○●●○┼○  
11○●●●●○○○○  
12○○○○○○┼┼┼  

    GHJKLMNOP  
  05┼○○○○○┼┼┼  K09は白の「目」ですが、J10,L08は駄目です。
  06┼○●●●○○┼┼  
  07○○●○●●○○○  従って、中の白地は0目となります。
  08○●●○×●○┼○  黒地は0目です。
  09○●○※○●○○○  
  10○●×○●●○┼○  
  11○●●●●○○○○  
  12○○○○○○┼┼┼  

  EFGHJKLMN  
01○┯○●┯○●┯●  J01,J02は地になりません。
02○○○●┼○●●●  
03○┼○●●○●┼●  
04○○○○○●●●●

    EFGHJKLMN  
  01○┯○●×○●┯●  J01,J02が駄目となります。
  02○○○●×○●●●  
  03○┼○●●○●┼●  
  04○○○○○●●●●
  
  EFGHJKLMNOPQR  
01○┯○┯●┯○○○●┯●○  中の白石は死に石です。
02○○○┼●┼○┼○●●●○  黒石はすべて活き石です。
03○┼○┼●●○○○●┼●○  
04○○○○┼●○●●●●●○  
05┼┼┼○○○●●○○○○○  
06┼┼┼┼┼○○○○┼┼┼┼  

    EFGHJKLMNOPQR  
  01○┯○×●┯○○○●┯●○  駄目詰め、手入れして、
  02○○○×●┼○┼○●●●○  
  03○┼○×●●○○○●┼●○  
  04○○○○×●○●●●●●○  
  05┼┼┼○○○●●○○○○○  
  06┼┼┼┼┼○○○○┼┼┼┼  

      EFGHJKLMNOPQR  
    01○┯○○●●┯┯┯●┯●○  黒地20目となります。
    02○○○○●●┼◆┼●●●○  
    03○┼○○●●┼┼┼●┼●○  
    04○○○○○●┼●●●●●○  
    05┼┼┼○○○●●○○○○○  
    06┼┼┼┼┼○○○○┼┼┼┼  

  ABCDEF  
01┏○●┯●○  すべて活き石です。
02○┼●┼●○  
03●●●●○○  
04○○○○○┼  
05┠○┼○┼┼  
06○○○○┼┼  

    ABCDEF  
  01※○●※●○  B02が駄目となります。
  02○×●※●○  黒地も隅の白地(A01)も0目です。
  03●●●●○○  
  04○○○○○┼  
  05┠○┼○┼┼  
  06○○○○┼┼  

  ABCDEFGH  
01┏○●┯●○┯○  このまま終われば黒地も隅の白地も0目です。
02○┼●┼●○○○  
03○●●●○○┼○  勝手にどちらかが手入れすることはできません。
04●●○○○○○○  
05○○○┼┼┼┼┼  

    ABCDEFGH  
  01●┯●◇┯○┯○  黒からは取る必要がありました。
  02┠●●○┼○○○  
  03┠●●●○○┼○  
  04●●○○○○○○  
  05○○○┼┼┼┼┼  

    ABCDEFGH  
  01※○●◆●○┯○  白からは放り込む必要がありました。
  02○×●※●○○○  
  03○●●●○○┼○  
  04●●○○○○○○  
  05○○○┼┼┼┼┼  

  ABCDEFGHJ  
01┏○●┯○○●┯●  隅の黒地3目、白地1目とはなりません。
02●●●○┼○●●●  
03○○○○○○●┼●  
04●●●●●●●●●  

    ABCDEFGHJ  
  01┏○●×○○●┯●  D01が駄目です。
  02●●●○┼○●●●  
  03○○○○○○●┼●  このままでは、隅の黒地も白地も0目です。
  04●●●●●●●●●  

B01の白石は死に石ですが、第十条の1項にある通り、黒地の中にないの
で取り上げてハマとすることができませんでした。

    ABCDEFGHJ  
  01◆┯●┯○○●┯●  ここは黒からA01と打って白1子取ってハマに
  02●●●○┼○●●●  することができます。
  03○○○○○○●┼●  
  04●●●●●●●●●  

これは第九条の3項が根拠となります。白から先着することになりますが
ここは白から打つ意味はなく、黒から打つことになります。
すなわち、「対局の停止」後でも黒から打ち上げる手入れをする権利
があることになります。

      ABCDEFGHJ  
    01◆※●×○○●┯●  後は、駄目を有するので、駄目に隣接する石
    02●●●○※○●●●  の目は地になりません。
    03○○○○○○●┼●  
    04●●●●●●●●●  


  ABCDEFGH  
01┏●○●○●┯●  【規約解説より】
02●┼○●○●●●  
03○○○┼○●┼●  このままでは白地0目ですが、前図と同様です。
04●●○○○●●●  
05┠●●●●●┼┼  

    ABCDEFGH  
  01┏●○┯○●┯●  白は「対局の再開」を要請して、白からD03と打っ
  02●┼○┼○●●●  て2子打ち上げることができます。
  03○○○◇○●┼●  
  04●●○○○●●●  白は手入れする権利があるということです。
  05┠●●●●●┼┼  

      ABCDEFGH  
    01┏●○┯○●┯●  次は黒番ですが、このままではセキではありま
    02●┼○◆○●●●  せんので、黒は放り込みます。
    03○○○○○●┼●  
    04●●○○○●●●  (変則セキ石との違いに注意)
    05┠●●●●●┼┼  

        ABCDEFGH  
      01※●○◇○●┯●  白はさらに1子取ってセキになります。
      02●×○※○●●●  従って、白地は3目になる訳です。
      03○○○○○●┼●  
      04●●○○○●●●  
      05┠●●●●●┼┼ 
 
      ABCDEFGH  
    01※●○※○●┯●  2子取られた後、黒が放置することを主張すれ
    02●◇○※○●●●  ば、白はB02と打って、合計9目になります。
    03○○○○○●┼●  
    04●●○○○●●●  これは論外です。
    05┠●●●●●┼┼  

トップに戻る  日本囲碁規約を解釈するに戻る  前へ  次へ