地の判断入門(ア・ラ・カルト)  (2001-04-01)
「日本囲碁規約を解釈する」の連載です。
トップに戻る  日本囲碁規約を解釈するに戻る  前へ  次へ

  【本劫】

  ABCDEF  
01●┯●○┯○  A02の白石は「死に石」ですが、黒石も「死に石」です。
02○●●○○○  
03┠●○○┼○  このままでは黒地は0目です。
04●●○○○○  
05○○○┼┼┼  

なぜ、このような形が問題となっていたのでしょうか?
それは、「対局中に取られない石は活きている」という解釈を基に白から
劫を取りに来なければ、これはこのままで黒地4目であると主張すること
があったからです。もし、黒に劫材が豊富なら対局中に白からこの黒石を
(損をしないで)打ち上げることができません。

日本囲碁規約では、第八条に基づき、黒地にはなりません。
(むしろ個人的には白地と判断します。)

黒に劫材が豊富なら黒からA03と白1子取る「手入れ」をして黒地3目と
なります。
むろん、白は対局中に劫を仕掛けてもいい訳ですが、黒に劫材が豊富だと、
仕掛ける意味がありませんので、このような形が最後まで残ることも有り
得ます。その場合は、黒は最後にここを打って「着手放棄」するのがいい
と思います。


  【一手寄せ劫】

  ABCDE  
01●┯●○┯  A02の白石は「死に石」です。
02○●●○○  
03┠●○┼○  
04┠●○○○  
05●●○┼○  
06○○○○○  

    ABCDE  
  01┏◇●○┯  黒石の死活確認をしてみますと
  02○●●○○  
  03┠●○┼○  白B01
  04┠●○○○  黒A01のパス
  05●●○┼○  
  06○○○○○  

      ABCDE  
    01┏○●○┯  白A03
    02○●●○○  
    03◇●○┼○  
    04┠●○○○  
    05●●○┼○  
    06○○○○○  

        ABCDE  
      01◆┯●○┯  黒A01
      02○●●○○  白B01のパス
      03○●○┼○  
      04┠●○○○  
      05●●○┼○  
      06○○○○○  

          ABCDE  
        01●┯●○┯  黒A04
        02┠●●○○  
        03┠●○┼○  となって黒石は「活き石」と確認されました。
        04◆●○○○  
        05●●○┼○  
        06○○○○○  

    ABCDE  
  01●┯●○┯  A02の白石は「死に石」、黒石は「活き石」でした。
  02○●●○○  
  03┠●○┼○  これはこのままで黒地5目ということになります。
  04┠●○○○  
  05●●○┼○  
  06○○○○○  

この形は対局中に白から劫争いを仕掛けることができますが、このままで
「対局の停止」になれば黒はそのまま黒地5目としてよいということです。


  【取らず3目】

  ABCDEF  
01┏●●○┯○  隅の黒石と白石の形を「取らず3目」といいます。
02○●●○○○  
03●○○○┼○  これは旧規約である日本棋院規約では白地3目と規定さ
04●●●●○○  れていました。
05┠●┼●○○  
06●●●●○○  日本囲碁規約による死活確認をしてみますと

    ABCDEF  
  01◇┯┯○┯○  隅の黒石は
  02○┼┼○○○  白A01
  03●○○○┼○  
  04●●●●○○  
  05┠●┼●○○  
  06●●●●○○  

      ABCDEF  
    01○┯┯○┯○  黒B02となって、
    02○◆┼○○○  B02の黒石は取られません。
    03●○○○┼○  
    04●●●●○○  新たに取られない石を生じうるので
    05┠●┼●○○  元々の黒石4子は「活き石」です。
    06●●●●○○  

     ABCDEF  
  01◆●●○┯○  隅の白石は
  02┠●●○○○  黒A01
  03●○○○┼○  
  04●●●●○○  
  05┠●┼●○○  
  06●●●●○○  

       ABCDEF  
    01┏┯┯○┯○  白A02
    02◇┼┼○○○  
    03●○○○┼○  
    04●●●●○○  
    05┠●┼●○○  
    06●●●●○○  

        ABCDEF  
      01┏┯┯○┯○  黒B02
      02○◆┼○○○  
      03●○○○┼○  
      04●●●●○○  
      05┠●┼●○○  
      06●●●●○○  

          ABCDEF  
        01┏┯┯○┯○  白はB01,C01,C02のどこに打っても、その石は
        02○●┼○○○  取られません。
        03●○○○┼○  
        04●●●●○○  
        05┠●┼●○○  
        06●●●●○○  

            ABCDEF  
          01◆┯○○┯○  C01の白石は取られません。
          02┠●┼○○○  
          03●○○○┼○  新たに取られない石を生じうるので
          04●●●●○○  元々の白石1子は「活き石」だそうです。
          05┠●┼●○○  
          06●●●●○○  

    ABCDEF  
  01×●●○┯○  隅の黒石も白石も「活き石」でした。
  02○●●○○○  A01に駄目があるのでここは地になりません。
  03●○○○┼○  
  04●●●●○○  しかし、外側の黒のA05,C05と白のE01,E03はそれら
  05┠●┼●○○  の石が駄目に隣接していなければそれぞれ2目の地
  06●●●●○○  となります。

図のどれも「活き石」ですが「セキ石」なのは隅の黒4子と白1子です。

  ABCDEF  
01┏●●○┯○  この図では対局中に黒から打つ意味はありません。
02○●●○○○  
03●○○○┼○  白から打てば白地目になります。
04●●●●○○  
05┠●┼●○○  
06●●●●○○  

    ABCDEF  
  01◇┯┯○┯○  白A01と打って白のアゲハマ4子
  02○┼┼○○○  
  03●○○○┼○  
  04●●●●○○  
  05┠●┼●○○  
  06●●●●○○  

      ABCDEF  
    01○┯┯○┯○  黒B02
    02○◆┼○○○  
    03●○○○┼○  
    04●●●●○○  
    05┠●┼●○○  
    06●●●●○○  

        ABCDEF  
      01○◇┯○┯○  白B01
      02○●┼○○○  
      03●○○○┼○  
      04●●●●○○  
      05┠●┼●○○  
      06●●●●○○  

          ABCDEF  
        01┏┯◆○┯○  黒C01と打って黒のアゲハマ3子
        02┠●┼○○○  
        03●○○○┼○  
        04●●●●○○  
        05┠●┼●○○  
        06●●●●○○  

            ABCDEF  
          01┏┯●○┯○  白C02
          02┠●◇○○○  
          03●○○○┼○  
          04●●●●○○  
          05┠●┼●○○  
          06●●●●○○  

              ABCDEF  
            01┏┯●○┯○  黒A02
            02◆●○○○○  
            03●○○○┼○  
            04●●●●○○  
            05┠●┼●○○  
            06●●●●○○  

                ABCDEF  
              01┏◇┯○┯○  白B01と打って白のアゲハマ1子追加。
              02●●○○○○  
              03●○○○┼○  白のアゲハマ4子+1子
              04●●●●○○  黒のアゲハマ3子
              05┠●┼●○○  
              06●●●●○○  で、白地5目、黒地3目でした。


  【取らず2子?】

  ABCDEFG
01┏●○○┯┯○  黒地はどうなっているのでしょうか?
02○○●○○┼○  
03●●●●○┼○  
04┠●┼●○┼○  
05●●●●○┼○  
06○○○○○○○  

    ABCDEFG
  01◇┯○○┯┯○  白A01と取っても
  02○○●○○┼○  
  03●●●●○┼○  
  04┠●┼●○┼○  
  05●●●●○┼○  
  06○○○○○○○  

      ABCDEFG
    01┏◆○○┯┯○  黒B01と取り返して
    02┠┼●○○┼○  取られても新たに取られない石を生じうるので
    03●●●●○┼○  
    04┠●┼●○┼○  
    05●●●●○┼○  
    06○○○○○○○  

  01※●○○┯┯○  黒石はすべて活き石
  02○○●○○┼○  隅の白石は死に石
  03●●●●○┼○  
  04※●※●○┼○  ということで黒地はこのままで7目となります。
  05●●●●○┼○  手入れを必要としません。
  06○○○○○○○  


  【隅の曲り4目】

  ABCDEF    ABCDEF    ABCDEF    ABCDEF  
01○○○●○┯  01○○○┯●○  01┏○┯●○┯  01○○┯●○┯  
02┠●┼●○┼  02┠●●●●○  02○●●●○○  02○●●●○○  
03●●●●○┼  03●●○○○○  03┠●○○┼○  03┠●○○┼○  
04○○○○○┼  04○○┼○┼○  04●●○・○○  04●●○・○○  
05┠○┼○┼┼  05┠○○○○○  05○○○○○┼  05○○○○○┼  
06○○○○┼┼  06┠┼┼┼┼┼  06┠┼┼┼┼┼  06┠┼┼┼┼┼  

旧規約である日本棋院規約では隅の曲り4目は無条件死と規定されてい
ました。しかし、日本囲碁規約では規定されていませんが、ほとんどの
場合、「死に石」なると覚えておいてもいいでしょう。
ただし、包囲している石が「活き石」であることなどは「隅の曲り4目」
としての条件にはなります。(ここでは具体的に示しません。)

  ABCDE  
01○○○●○  隅の白石はどう見ても「活き石」。
02┠●┼●○  
03●●●●○  黒石の死活確認をしてみますと、
04○○○○○  
05┠○┼○┼  
06○○○○┼  

    ABCDE  
  01○○○●○  白A02
  02◇●┼●○  
  03●●●●○  
  04○○○○○  
  05┠○┼○┼  
  06○○○○┼  

      ABCDE  
    01┏┯┯●○  黒C02
    02┠●◆●○  
    03●●●●○  
    04○○○○○  
    05┠○┼○┼  
    06○○○○┼  

        ABCDE  
      01┏◇┯●○  白B01
      02┠●●●○  
      03●●●●○  
      04○○○○○  
      05┠○┼○┼  
      06○○○○┼  

          ABCDE  
        01◆○┯●○  黒A01
        02┠●●●○  
        03●●●●○  
        04○○○○○  
        05┠○┼○┼  
        06○○○○┼  

            ABCDE  
          01┏○┯●○  白A02
          02◇●●●○  黒A01のパス
          03●●●●○  
          04○○○○○  
          05┠○┼○┼  
          06○○○○┼  

              ABCDE  
            01┏○◇┯○  白C01となって、
            02○┼┼┼○  黒石は「死に石」と確認されました。
            03┠┼┼┼○  
            04○○○○○  元の図はどれも包囲している白石に駄
            05┠○┼○┼  目がなければ白地になります。
            06○○○○┼  

  ABCDEF  
01○○○●┯○  このようにダメが空いていても状況は同じです。
02┠●┼●┼○  
03●●●●┼○  隅の黒石が「死に石」で隅の白石は「活き石」に
04○○○○○○  変わりありません。
05┠○┼○┼┼  
06○○○○┼┼  

    ABCDEF  
  01○○○●※○  A02,C02,E01,E02,E03は白の「目」となります。
  02※●※●※○  
  03●●●●※○  
  04○○○○○○  
  05┠○┼○┼┼  
  06○○○○┼┼  

トップに戻る  日本囲碁規約を解釈するに戻る  前へ  次へ